世界の老樹、圧倒的な存在感

バオバブの道、学名Adansonia grandidieri、マダガスカル

マダガスカル島でしか見られない、樹高30メートル近くにもなるバオバブ群。現地ではマダガスカル語で「森の母」を意味するレナラと呼ばれている。木々は樹齢およそ800年。かつては木が密生する熱帯林だったが、残念ながら今ではこの20本ほどが残っているだけだ。2007年、この道は暫定保護状態に置かれた。(Photograph by Beth Moon)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー