Photo Stories撮影ストーリー

All photographs by Bernhard Edmaier

空から見た、衝撃的すぎる地球の風景

2016.06.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1993年、ドイツ人カメラマンのベルンハルト・エドマイヤー氏は地質学者を生業としていた。彼は地球とその絶えず変化し続ける地形に魅了される一方で、コツコツと研究を続けるだけの人生には、どこかしっくりこないものを感じていた。そこで、当時芽生えつつあった写真への情熱と、地殻やマントルへのこだわりを組み合わせようと思い立った。そうして出した結論が航空写真だった。

米国ユタ州コーム・リッジ。ギザギザとした砂岩の層は、水の浸食によって傾きや形を変えてきた。
[画像のクリックで拡大表示]

「空から眺めれば、風景が語るストーリーを最も効果的に表現できます」と彼は言う。「山脈や、地殻の割れ目にずらりと並ぶ火山円錐丘といった大きな構造物の場合、地上からよりも空から撮った方がずっといいのです。ですから、空にあがってパイロットに適切な位置を指示する空撮は、私にとって本当に理にかなったやり方なのです」

アイスランド、ランデヤルサンドゥル。湿地を流れる水が明るい黄色なのは、流れに乗って海岸へ運ばれていく黒い火山性の土から鉄鉱物が溶け出しているためだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 エドマイヤー氏は撮影のために入念な準備を行う。地質学者としての能力を駆使して調査を進め、完璧なショットをものにできる場所をあらかじめ見つけ出す。空を飛びながら、何時間もかけていい場所や構図を探すようなことはせず、撮りたい写真のプランを立ててから撮影に臨むのだ。グーグルアースや衛星写真などのツールを活用し、地元の研究者や商業パイロットにも協力をあおぐ。

ナミビア、フンス山脈。深い渓谷がいくつも穿たれた、黒々としたフンス山脈は、ナミビア南部に位置する。
[画像のクリックで拡大表示]

「たいていの場合、私はこういうモチーフでこういう写真を撮りたいという考えを前もって固めています。何百枚も撮って、使えない写真の中からいいショットを1枚だけ選ぶといったことはしません。ですから私の写真にはある意味、予定通りの構図で撮影されたものが多いと思います」。予定通りであれなんであれ、そこに映る景色の強烈な印象は、見る者の足を止めさせるだけの力を持っている。

米カリフォルニア州、サールズ湖。モハベ砂漠にある塩湖で、湖岸の湿地に塩分を好む藻が繁殖し、一帯を赤に染める。
[画像のクリックで拡大表示]

 綿密に計画を立てる利点は他にもある。

「“正確な”場所がわかっていれば、飛行時間を最短で済ませることができます。撮影の経費はほぼ自腹でまかなってきましたから、これは重要です。特にヘリのチャーター代は非常に高額です。撮影のために飛んでいる間、頭の中ではずっと計算機をはじいていますよ」

米アラスカ州、ニジナ氷河。ニジナ氷河の正面で、モレーン(氷河によって削りとられた岩石の堆積地形)の間にできた濁った雪解け水の湖に、巨大な氷の塊が散り散りに浮かぶ。
[画像のクリックで拡大表示]

 航空写真の重要性について、エドマイヤー氏はこう述べている。航空写真は彼にとって「地球上で起こっている自然の作用をより深く理解するための手段です。鳥の目で見て初めて、そうした現象を適切に表現できるのです」

バハマ、ロングアイランド。潮が引くにつれ、透明な青い水が、堆積した石灰岩にできた溝に集まり、より深い方へと流れていく。
[画像のクリックで拡大表示]

 エドマイヤー氏は、自分の写真をきっかけに、人々が地球のかたちと構造物を、新たな視点から見直してくれるように願っている。

「私はこれまで、おおむね地質学的なプロセスをのぞき見る窓を提供しようと写真を撮ってきました。人は、地球や地球の表面について永久不変か、ごくわずかにしか変化しないものと考えがちですが、実際は逆です。地球の表面と内部は、無限のプロセスとして変化し続けています」

米ハワイの溶岩トンネルにあいた天窓。溶岩トンネルの天井にあいた穴を、火山学者らは天窓と呼ぶ。
[画像のクリックで拡大表示]

「地球の裂け目、岩の褶曲(しゅうきょく)、浸食が描く模様、海岸線、火山、氷山などの写真を発表する中で、私はそうした地質や地表のプロセスを視覚化し、一般の人々により身近に感じてもらおうと努めてきました」

アイスランド、マイリフェトルサンドゥル。火山灰と溶岩からなる黒い砂漠にそびえる山に、鮮やかな緑色の苔が繁茂している。
[画像のクリックで拡大表示]

View more of Bernhard Edmaier’s photographs on his website. You can purchase his most recent book, WATER, here.

文=Janna Dotschkal/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo Stories 一覧へ