働くとは何か? その答えを探し求めて、南アジアのれんが工場や造船所などで肉体を駆使して働く人々にレンズを向けてきた。2013年から2015年にかけては、バングラデシュの皮革工場地帯ハザリバーグの製革所で皮をなめす労働者たちを撮影。その作品を私家版写真集『Tannery』にまとめ、本誌2016年7月号の「写真は語る」にも掲載した。

 1980年宮崎県生まれ。大学卒業後、日本語教師としてタイの大学に1年間勤務したほか、帰国後には小学校教員として6年間教壇に立った経験もある。

 2010年、教員を辞めて写真家になろうと決意してまもなく、自転車でのインド旅行に挑んだ。購入したマウンテンバイクとデジタル一眼レフカメラを携えて、首都デリーに降り立ったのは同年8月。2500キロ離れたムンバイを目指して走っていた途中、通りがかった小さな町で染織工芸品の「更紗(さらさ)」を生産する工場を見つけた。そこで働く職人たちの自信と誇りに満ちた表情に引かれ、夢中でシャッターを切った。それが、「働くとは何か」をテーマに写真を撮ろうと思ったきっかけの一つだった。

 それからしばらくは、根源的な労働の姿をとらえた作品を発表していた。しかし、ハザリバーグの製革所を撮影するなかで、興味の対象が少しずつ変化する。労働者と日本とのつながりも意識するようになったのだ。

「欧米やほかのアジアの連中は、俺たちがつくった革を、誰がなめしたかなんて何も知らずに使ってるんだぞ。この状況を生んだ責任は俺たちだけにあるわけじゃない」。若い製革所経営者から聞いたこの言葉が、今も心に残っているという。

「今後は、日本で農業や漁業、林業に携わる人など、生活の根幹を支えている人に光を当てるような作品も撮っていきたい。こういう人たちのかっこいい姿を撮りたいんです」。海外で撮影テーマを見つけた気鋭の写真家はいま、祖国にもその温かいまなざしを向け始めた。

 バングラデシュの造船所を撮影した作品で、日経ナショナル ジオグラフィック写真賞2015のピープル部門最優秀賞を受賞。


『ナショナル ジオグラフィック日本版』2016年7月号と2014年12月号の「写真は語る」に、写真を追加して掲載した。