米国の手前までやってきた「絶滅危惧種」ジャガーに国境の壁

米国に近いメキシコのソノラ州にある野生動物保護区を歩き回るジャガー「バレリオ」。北米南西部は、長年にわたってジャガーの生息地だった。人間が妨害しなければ、ジャガーは再び米国に戻ってくる可能性がある。(PHOTOGRAPH BY GANESH MARIN MENDEZ)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー