米国で人気の「旅する蝶」オオカバマダラ、IUCNの絶滅危惧種に

チョウザメは26種すべてが絶滅の危機に

2022.07.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スギの木にとまるオオカバマダラ。2022年1月に米国カリフォルニア州ロス・オソスにあるコースタル・アクセス・オオカバマダラ保護区で撮影。この保護区は、毎年秋に米国北部からやってくる数千匹のオオカバマダラの越冬地となっている。7月21日、国際自然保護連合はオオカバマダラを絶滅危惧種に指定した。(PHOTOGRAPH BY GARY CORONADO, LOS ANGELES TIMES/GETTY IMAGES)
スギの木にとまるオオカバマダラ。2022年1月に米国カリフォルニア州ロス・オソスにあるコースタル・アクセス・オオカバマダラ保護区で撮影。この保護区は、毎年秋に米国北部からやってくる数千匹のオオカバマダラの越冬地となっている。7月21日、国際自然保護連合はオオカバマダラを絶滅危惧種に指定した。(PHOTOGRAPH BY GARY CORONADO, LOS ANGELES TIMES/GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国で人気のチョウが、正式に絶滅危惧種に指定された。

 7月21日、国際自然保護連合(IUCN)は「絶滅のおそれのある生物種のレッドリスト」の公式評価で、主に北米に生息し、渡りをするチョウとして有名なオオカバマダラを絶滅危惧種(Endangered)に指定した。(参考記事:「ギャラリー:北米を大移動する蝶、オオカバマダラ 写真6点」

 オオカバマダラは夏と冬の生息地を行き来するため、年に2回、4000キロにおよぶ大移動をする。IUCNによると、オオカバマダラの個体数は、過去10年間で23〜72%減少している。(参考記事:「「旅する蝶」が激減、入り組んだ人為的影響」

 オオカバマダラの問題はこれまでも認識されていたが、今回IUCNのレッドリストに掲載されたことで絶滅の危険性が正式に認定されたことになる。

「人々の庭を訪れる生き物が絶滅の危機にあるというのは、想像しづらいことです」と、オオカバマダラの評価で主導的な役割を果たしたアンナ・ウォーカー氏は話す。同氏は米ニューメキシコ・バイオパーク協会で種の保存を担当しており、IUCNの「種の保存委員会」に設置されているチョウおよびガの専門家グループのメンバーだ。

西部の集団が激減

 オオカバマダラを脅かす要因はいくつかある。なかでも大きいのは、ここ数十年で越冬地における生息地の破壊が進んだことだ。この影響は、ロッキー山脈の西側に生息してカリフォルニア沿岸部で冬を越す西部個体群と、米国東部からカナダにかけて生息してメキシコで冬を越す東部個体群の両方に表れている。夏の生息地では、農業で使う除草剤によってオオカバマダラが死んだり、幼虫が餌にしているトウワタという植物が枯れたりしている。また、気候変動による脅威も増大しており、オオカバマダラの南の移動ルートでハリケーンや干ばつといった異常気象の頻度が高まっている。(参考記事:「トウワタ減少でオオカバマダラ絶滅危機」

 2つの集団のうち、西部個体群については調査があまり進んでいないが、より危機的な状況にあると考えられている。IUCNによると、1980年代に約1000万匹いた西部個体群は2021年にはわずか1914匹になっており、99.9%も激減した。また東部個体群も、1996年から2014年の間に84%減少した。

 昆虫の種のうち、IUCNによってこれまでに評価を受けたのはわずか1%に過ぎない。そのため、オオカバマダラが絶滅危惧種に登録されたことは大きな意味を持つ。ウォーカー氏によれば、一般の人々や世界の関係機関にオオカバマダラの保護が急務であると訴えるうえで、大きな助けになるからだ。

参考ギャラリー:北米を大移動する蝶、オオカバマダラ 写真6点(画像クリックでギャラリーへ)
参考ギャラリー:北米を大移動する蝶、オオカバマダラ 写真6点(画像クリックでギャラリーへ)
越冬地であるメキシコのミチョアカン州のオオカバマダラ生物圏保護区に集まるオオカバマダラ。(PHOTOGRAPH BY JAIME ROJO)

次ページ:チョウザメの26種すべてが絶滅の危機に

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,960円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加