マダニからうつる危険な感染症が急増、15年間で倍以上に、米国

都市部でも増加、長期にわたる後遺症の可能性も、ワクチンや予防法は?

2022.07.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリイロコイタマダニの口部。走査型電子顕微鏡(SEM)で撮影後に着色。クリイロコイタマダニは、イヌの疾患を媒介する動物の中で世界的に最も重要なものの1つ。米国ではヒトの病原体を媒介するマダニがまん延し、マダニ媒介感染症が増加している。こうした疾患の中には、診断や治療が困難なものもある。(PHOTOGRAPH BY STEVE GSCHMEISSNER, SCIENCE SOURCE)
クリイロコイタマダニの口部。走査型電子顕微鏡(SEM)で撮影後に着色。クリイロコイタマダニは、イヌの疾患を媒介する動物の中で世界的に最も重要なものの1つ。米国ではヒトの病原体を媒介するマダニがまん延し、マダニ媒介感染症が増加している。こうした疾患の中には、診断や治療が困難なものもある。(PHOTOGRAPH BY STEVE GSCHMEISSNER, SCIENCE SOURCE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ニコール・マラコウスキーさんはパワフルな女性だった。米空軍士官学校を卒業後、F-15E戦闘機のパイロットとしてイラクに派遣され、第333戦闘飛行隊長を経て、空軍のアクロバット飛行チーム「サンダーバーズ」初の女性パイロットとなった。既婚者で双子の母親でもある。

 異変が始まったのは2012年、夏かぜのような症状とともに発疹が出たときだった。軍医はクモに噛まれたのだろうと診断し、外用クリームを塗って抗生物質を処方した。しかし発疹は腰全体に広がり、精神と肉体は数カ月間で急激に衰えていった。激しい疲労を感じ、動作がぎくしゃくし、精神が混乱し、読み書きさえ困難になったのだ。ある医師は多発性硬化症を疑い、別の医師は心理療法士のところに行くよう勧めた。

 発病から4年の歳月と24人の医師を経て、ようやく正しい診断がついた。彼女はマダニが媒介する3つの細菌感染症(ライム病、アナプラズマ症、マダニ媒介性回帰熱)と、マダニが媒介する寄生虫感染症であるバベシア症にかかっていたのだ。彼女は抗菌薬と抗寄生虫薬を大量に投与され(一部は心臓に直接投与された)、1年間の理学療法を受けたことで、いくらか回復することができた。しかし空軍パイロットとしての輝かしいキャリアは終わった。

 これは極端なケースだが、米国では現在、マダニ媒介感染症が増えており、公衆衛生上の懸念が増大している。(参考記事:「致死率30%の新興ウイルスが日本に定着している!」

マダニ媒介感染症

 マダニはクモに似た小さな節足動物で、多くの有害な細菌や寄生虫やウイルスを保有している。マダニが人間の血液を吸う際にこれらの病原体が体内に入ると、各種の感染症を引き起こすことがある。マダニが媒介する感染症は、米国ではライム病をはじめとする16種類以上が確認され、世界ではさらに多くが知られている。

[画像のクリックで拡大表示]

 米国でマダニが多いのは北東部と北中西部だが、その分布は変化しつつある。気候変動によって冬が温暖になったことで、マダニの生息域が北に広がり、活動期もより早く始まり、より長く続くようになったのだ。また、広がり続ける郊外は、病原体の主な保有生物であるシロアシネズミと、マダニの主要な宿主であるシカにとって理想的な生息環境だ。

 マダニへの警戒心が薄い都市部で噛まれる人も増えている。北東部では、ハイキングよりも、庭仕事や犬の散歩中に噛まれる人の方が多くなった。

次ページ:「公衆衛生に対する重大な脅威」、すでに「流行」との指摘

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

科学で解き明かす 禁断の世界

海岸に人間の足が続々漂着、その真相は?イヌは死んだ飼い主を食べるのか?体におしっこをかけても大丈夫なのか?… など全36話。気持ち悪いこと、怖いこと、そしてタブーも全部面白い!

定価:2,420円(税込)

おすすめ関連書籍

医療革命 あなたの命を守る未来の技術

新型コロナウイルスのワクチン開発や、遺伝子解析技術を使って個々の患者に合わせた治療を行う精密医療など、今、医療の世界で起きている様々なブレイクスルーを解説。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加