親を亡くしたゾウは高ストレス? 否、仲間がいれば大丈夫

死亡率が高い孤児ゾウ、だがストレス値は高くない、研究

2022.07.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケニア北部にあるレテティ・ゾウ・サンクチュアリの水場に集まる親を亡くしたゾウたち。新たな研究によって、同年代の仲間と暮らす野生の孤児ゾウは、そうでないゾウよりもストレスが低いことがわかった。(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
ケニア北部にあるレテティ・ゾウ・サンクチュアリの水場に集まる親を亡くしたゾウたち。新たな研究によって、同年代の仲間と暮らす野生の孤児ゾウは、そうでないゾウよりもストレスが低いことがわかった。(PHOTOGRAPH BY AMI VITALE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 親を亡くしたゾウは、そうでないゾウに比べて大きなストレスを抱えているのではないか? アフリカ、ケニアで野生のゾウを調査する研究チームは、そんな仮説を立てた。 

 母子の絆がストレスを和らげることは、これまでにもネズミやモルモット、フィンチ(鳥)などで証明されていると、米サンディエゴ動物園とコロラド州立大学の博士研究員で、今回の研究を率いたジェナ・パーカー氏は言う。

 ゾウには高度な社会性があり、家族の絆も強い。また、孤児となったゾウは母親と一緒にいるゾウよりも死亡率が高いことが調査で判明したことから、孤児ゾウのストレス値が高いであろうと予測したのだ。

 しかし、調査した結果は意外なものだった。実際には、おば、いとこ、きょうだいといった家族がいるかぎり、孤児ゾウとそうでないゾウで、ストレスホルモンのレベルに違いはみられなかった。また、たとえ孤児であっても、同年代の仲間と一緒にグループで生活しているゾウは、そうでないゾウよりもストレスが低かった。つまり、仲間との絆がとても重要になるようだ。

「ゾウは8歳か9歳くらいまで、母親から10メートル以上離れることはほとんどありません。だから、孤児のゾウのほうがストレスホルモンのレベルが高いだろうと考えたのです」とパーカー氏は話す。

 7月14日付けで学術誌「Communications Biology」に発表された今回の研究成果は、この地域のゾウが人間との衝突や干ばつによる脅威にさらされている中、仲間同士の強い結びつきがゾウの生存に役立っている可能性を示すものだ。アフリカゾウの一種であるサバンナゾウは、国際自然保護連合(IUCN)によって2021年に「絶滅危惧種(Endangered)」に指定されている。2021年の調査によると、ケニアには約3万6000頭のゾウが生息している。(参考記事:「アフリカゾウ1種が「近絶滅種」に、IUCN初の2種個別評価」

 今回の知見は、親を亡くしたゾウの保護施設でも活用できる可能性がある。たとえば、絆が育まれた大きなグループ単位で野生に帰すということも考えられるかもしれない。

ゾウの糞からストレスを測定

 パーカー氏が今回の研究を始めたのは2015年のこと。そのころ、ケニアのサンブル国立保護区では、数年にわたって密猟が増加していた。(参考記事:「ケニアの自然保護と暮らし 持続可能な未来は?」

 ゾウが殺されると、そのゾウとつながりがあるすべてのゾウに影響が及ぶ。そこで研究者たちは、密猟によるゾウへの間接的な影響を調べようと考えた。つまり、母親が密猟の犠牲になったとき、子どもの社会的および生理的な健全性にどのような影響が生じるのかということだ。

 研究グループが最初に調べたのは生存率だ。調査の結果、サンブルでの孤児ゾウの生存率はそうでないゾウよりも低いことがわかった。次に、生存している孤児ゾウに注目し、そのストレスを調査することにした。

 調べたのは、ゾウの糞のグルココルチコイド代謝物(ストレスに応じて体内で生成される物質)の濃度。「これは無害な調査なので、ストレスホルモンを調べる優れた方法です。ただ糞をするのを待って、それを集めればいいだけですから」とパーカー氏は言う。

次ページ:ゾウの糞を496回にわたって集めた

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

動物の心 知性・感情・言葉・社会

知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。

価格:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加