わずかに残る西アフリカのライオン集団、復活させることは可能か

遺伝的に独自の集団の危機、ニョコロ=コバ国立公園、セネガル

2022.07.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅の危機にある西アフリカのライオンは、これまで群れを形成しないと考えられていた。しかし、ここセネガルのニョコロ=コバ国立公園では、発信器付きの首輪をつけたメスのフローレンスが、群れのメンバーであるほかのメスと一緒に横になっている姿が見られた。(Photograph by John Wendle)
絶滅の危機にある西アフリカのライオンは、これまで群れを形成しないと考えられていた。しかし、ここセネガルのニョコロ=コバ国立公園では、発信器付きの首輪をつけたメスのフローレンスが、群れのメンバーであるほかのメスと一緒に横になっている姿が見られた。(Photograph by John Wendle)

 アフリカ西海岸の国セネガル。その南東の端にあるニョコロ=コバ国立公園は、1981年にはユネスコの世界遺産に登録された広さ9000平方キロメートルの生物圏保護区だが、その存在はほとんど知られていない。セネガル国立公園局と野生ネコ科動物の保護団体「パンセラ(Panthera)」は、ニョコロ=コバに生息する約30頭のライオンを、地域絶滅の危機から救うために奮闘している。

 ニョコロ=コバのライオンは、その獲物となる動物たちが密猟の危機にあるばかりでなく、ライオン自身も密猟の対象となっているのではないかと、自然保護活動家は懸念している。ライオンの毛皮や歯や爪や肉は、主にアフリカとアジアで高値で取引されているからだ。なかでもライオンの骨は、伝統医学において野生のトラの骨の代用品として希少価値が高まっている。

 またニョコロ=コバは、密猟や農地の拡大、森林火災の増加により、2007年にはユネスコの「危機にある世界遺産」に登録された。「解決すべき問題はたくさんあります」と公園の責任者であるジャック・ゴミ氏は言う。「私たちの目標は、2024年までに公園をレッドリストから外すことです」

ニョコロ=コバ国立公園の北部で密猟者のキャンプを調査するレンジャーたち。ライオンの獲物であるアンテロープなどの密猟が、ライオンの生存を脅かしている。(Photograph by John Wendle)
ニョコロ=コバ国立公園の北部で密猟者のキャンプを調査するレンジャーたち。ライオンの獲物であるアンテロープなどの密猟が、ライオンの生存を脅かしている。(Photograph by John Wendle)
[画像のクリックで拡大表示]

西アフリカのライオンを守る意味

 西アフリカのライオンは、アフリカ南部のライオンに比べて体高が高く、筋肉質で、オスにもたてがみがない。デンマーク、コペンハーゲン大学のローラ・ベルトラ氏は、ライオンのゲノム解析の結果、西アフリカのライオンが、アフリカ南部のサバンナに生息するライオンよりも、インドに生息するライオンに近いことを、オープンアクセスの学術誌「BMC Genomics」に4月22日付で発表した。

 ベルトラ氏は、「西アフリカのライオンが新しい亜種であるとか、そういうことではありません。ライオンは以前はアフリカ系とアジア系に分けられていましたが、今回の研究により、北方系と南方系に分けられることがわかったのです」と説明する。そして西アフリカのライオンは北方系に当たる。(参考記事:「ライオン進化の歴史を解明、絶滅種をゲノム解析で」

 また、パンセラのニョコロ=コバのプロジェクト責任者、フィリップ・ヘンシェル氏は、西アフリカ全体でライオンの成獣は121〜374頭しかいないと言う。彼がニョコロ=コバで調査を始めた2011年の推定個体数は約12頭で、公園のレンジャーでさえ、ライオンを見たことのある人は1人もいなかったという。

 ヘンシェル氏は西アフリカのライオンについて、このままでは小さな集団が次々と絶滅し、アフリカ南部に数頭が残るだけになってしまうだろうと見ている。

 西アフリカのライオンは北方系だが、南方系のライオンと繁殖することはできる。しかし、ニョコロ=コバに南方系のライオンを導入するのは間違いだ、とヘンシェル氏は言う。そんなことをしたら、この地域のライオンの遺伝的独自性が損なわれてしまう。だからこそ、ニョコロ=コバに残っているライオンを救うことが急務なのだ。(参考記事:「おばあちゃんライオンに「たてがみ」が生えてきた」

次ページ:未知の部分が大きいライオン

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:3,960円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加