ゾウに「法的な人格」を認めず、米国の裁判所が判決

動物園からの解放を求めた裁判、拘束されない「人権」は適用されず

2022.07.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ニューヨーク市のブロンクス動物園で暮らすアジアゾウのハッピー。ハッピーに法的な「人」としての自由権を与えるよう求めた訴えは裁判所に退けられた。(PHOTOGRAPH BY BEBETO MATTHEWS, AP)
米ニューヨーク市のブロンクス動物園で暮らすアジアゾウのハッピー。ハッピーに法的な「人」としての自由権を与えるよう求めた訴えは裁判所に退けられた。(PHOTOGRAPH BY BEBETO MATTHEWS, AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 米ニューヨーク市のブロンクス動物園に暮らす51歳のアジアゾウ、ハッピーに「人権」を認めない。ニューヨーク州の最高裁判所はそう判決を下し、高度な知能を持つ動物の権利をめぐる裁判が幕を閉じた。2022年6月14日の判決では5対2でハッピーには身体的自由権、つまり不当に拘束されないという基本的人権はないと判断された。

 ニューヨーク州最高裁判所は2021年、動物権利団体ノンヒューマン・ライツ・プロジェクト(NhRP)による訴訟を審理することに同意した。NhRPは2022年5月18日の口頭弁論で、ハッピーを法的に人だと認めて自然保護区に移すべきだと訴えた。

 NhRPは2018年からハッピーの権利を求めて訴訟を続けており、今回の裁判で4カ所目の法廷だった。また、動物の権利をめぐり、米国で過去最高位の裁判所で争われた裁判となった。

動物に「法的人格」を認めるべきか

 法的に「人」である(personhood)とは、それが権利または責任能力を持つ存在であることをいう。世界には、法人や水域、動物などに法的人格を認めている国もあるが、米国にはそうした特例がない。つまり米国において動物は「物」なのだ。(参考記事:「ニュージーランドが川に「法的な人格」を認めた理由」

 今回の判決はその見方を支持し、ゾウの知性がどんなに高くても、不法に拘束されない権利は人間にしか適用されないとした。ジャネット・ディフィオーレ裁判長は、判決文で次のように記している。「ゾウがすばらしい能力を持っていることに疑いはないが、ハッピーの人身保護を求める申立人の訴えは退ける。人身保護は不法に拘束された人間の自由権を守るための手続き上の手段であり、人間以外の動物には適用されない」

 一方、ローワン・ウィルソン判事は、反対意見の中で人身保護が人間にだけ適用されるという考え方に異議を唱え、人身保護は「法律の下で動産とみなされていた奴隷の拘束に対抗する手段として盛んに利用された」と指摘した。

 NhRPは声明で、この「力強い反対意見」は動物の権利をめぐる闘いにおける「極めて大きな勝利」だと述べつつも、ハッピーを解放できなかったことは残念だとしている。

「これはハッピーにとっての敗北です。ハッピーの自由は今回の訴訟にかかっていたので、今後もブロンクス動物園の展示物として監禁されたままになります。しかしハッピーだけでなく、私たちが最も大切にしている自律、自由、平等、公正といった正義の価値と原則を守り強めたいと願う人、恣意的な解釈がなされない法制度を願う人、どんな存在であっても基本的権利を否定されないことを願う人全員にとっての敗北でもあります」

 ブロンクス動物園にコメントを求めたが、今のところ回答は得られていない。

次ページ:知的で社交的な動物にふさわしい暮らしとは

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

動物の心 知性・感情・言葉・社会

知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。

価格:1,540円(税込)

おすすめ関連書籍

動物の言葉

驚異のコミュニケーション・パワー

動物のコミュニケーション能力に関する最新の研究結果を、豊富な写真やイラストを使って分かりやすく解説。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加