若者に広がる気候不安、95%超が子の将来を懸念、絶望避けるには

親の世代よりも強い危機感、子どもを生むことにためらいも

2022.07.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(ILLUSTRATION BY SIMONE NORONHA)
(ILLUSTRATION BY SIMONE NORONHA)
[画像のクリックで拡大表示]

 ケイティ・シエリンスキーさんとアーロン・レガンバーグさんはミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭までに生まれた世代)のカップルだが、自分たちを「気候変動ベビー」ととらえている。ふたりが大人になったのは、人類が環境に悲劇的な影響をもたらしていることが認識され始めた頃だった。

 ふたりは2017年に結婚するまでの10年近く、ある倫理的な問題に頭を悩ませてきた。それは、すでに人であふれている地球に新たな命を送り出すべきかどうか、という問いだ。ケイティさんは、気候問題に取り組む味方、つまり健全な地球のために闘う人間を育てようと主張したが、アーロンさんは、わが子が直面する未来に不安を抱いていた。

 同様の葛藤を抱えているのは、このカップルだけではない。2020年11月に学術誌「Climatic Change」に掲載された、27~45歳の米国人607人を対象に実施されたアンケート結果によれば、回答者の59.8%は、子どもを産むことによる二酸化炭素(CO2)排出量の増加を懸念していた。また96.5%は、気候変動が起きた世界で生きるわが子の人生について懸念を抱いていた。

気候不安の拡大

 この数十年間に生まれた人々にとって、子どもをもつかどうかは人生を左右する多くの選択の1つにすぎない。この世代の人々には、両親や祖父母が想像もしなかった未来が待ち受けている。

 例えば、米カンザス州西部の20代の若者は、長引く干ばつや地下水の減少で農業のあり方が変わらざるを得なくなる中で、家業の農場を継ぐべきだろうか。アリゾナ州フェニックスでは2019年に気温が100℉(37.8℃)を超える日が103日もあり、2050年にはイラクのバグダッドのような気候になると予測されているが、ここで大学を卒業した若者は、もっと北部の涼しい地域に移住すべきなのか。バージニア州バージニアビーチの若い夫婦は、海面上昇で浸水の恐れがある土地に30年のローンを組んで家を買ってもいいのだろうか。

 その結果、大規模な気候の混乱というレンズを通して将来を見つめる若者たちと、最悪の事態を目にする前にこの世を去る年上の世代との間にギャップが広がっている。

「大人からは、まだ16歳だからそんな心配をしなくてもいい、と言われます」と、ニューヨーク市ブルックリン区に住むセリン・キムさんは不満をもらす。「でも私たちは、地球の時計が刻々と進むのにおびえながら成長してきたのです」

 まもなく「気候変動ベビー」の人口は、気候危機が拡大する以前に育った世代を上回る。世論調査によれば、若者たちは年長者よりも気候変動に対してはるかに強い懸念を抱いている。だが、急速に増えるこの若い世代が、手遅れになる前にCO2排出量を削減するよう、世界に断固たる行動を取らせることができるかどうかは予測できない。

 強い不安に押しつぶされそうな若者たちもいる。2021年12月に医学誌「The Lancet Planetary Health」に発表された世界規模の調査では、対象となった1万人の若者の半数以上が「人類は滅亡する」という見方に同意した。回答者のほぼ半数は、地球の状況に対する不安によって、睡眠や学習、遊び、楽しみなどが妨げられていると回答している。

「若者たちは、環境の激変を目の当たりにするのと同時に、強大な権限を持つ大人たちが連帯的な生き残りよりも自己の利益を優先する姿を何度も見てきました。その経験が回答に反映されているのでしょう」と気候活動家でライターでもあるダニエル・シェレルさん(31)は指摘する。

次ページ:親世代との意識の違い

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

グレート・ナラティブ 「グレート・リセット」後の物語

12ヵ国語への翻訳、25万部超の世界的ベストセラー「グレート・リセット」シリーズ第2弾! 世界経済フォーラムが描く より良い世界の作り方

定価:2,200円(税込)

おすすめ関連書籍

世界の天変地異 本当にあった気象現象

豪雨、豪雪、暴風、干ばつ、極寒、稲妻など、世界各地で見られる天変地異。迫力のある写真と、それぞれの状況を伝えるわかりやすいキャプションで、読む人に畏怖の念を抱かせる1冊。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,970円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加