重さ300キロの巨大エイが見つかる、淡水魚の世界記録を更新

メコンオオナマズ(293キロ)を上回る

2022.06.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体重測定のために一時的に水から出された、重量約300キロの巨大エイ。地元の人たちと科学者が頻繁に水をかけながらすばやく計測を行った後、魚は川に戻された。(PHOTOGRAPH BY S. OUNBOUNDISANE, FISHBIO)
体重測定のために一時的に水から出された、重量約300キロの巨大エイ。地元の人たちと科学者が頻繁に水をかけながらすばやく計測を行った後、魚は川に戻された。(PHOTOGRAPH BY S. OUNBOUNDISANE, FISHBIO)
[画像のクリックで拡大表示]

 カンボジア北部のメコン川に浮かぶコー・プレア島の漁師モウル・トゥンさんがその巨大エイを釣り上げた時、これまで見たことがないほど大きいことは確信した。しかし、世界最大の淡水魚として記録されるとまでは予想していなかった。

「これは危機的な状況にある巨大エイが、まだ存在していることの証拠です」と、米ネバダ大学リノ校の魚類学者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるゼブ・ホーガン氏は言う。氏は約20年にわたって巨大淡水魚の記録を続けてきた。

 ナショナル ジオグラフィック協会が支援するホーガン氏の巨大魚探索計画「メガフィッシュ・プロジェクト」は、2005年、タイ北部の漁師がメコン川で重さ293キロのメコンオオナマズを釣り上げたことをきっかけに始まった。東南アジアでこのナマズを長年研究していたホーガン氏は、これは同地域で過去に捕獲された中で最も重い魚であると判断。同時に、彼の頭にこんな考えが浮かんだ。「世界のどこかには、もっと大きな淡水魚がいるのではないだろうか」

 この疑問を解決するために、ホーガン氏は世界中の川の調査を開始した。しかしその答えを見つけるのは想像以上に困難だった。漁師たちの話は誇張したものであることが多く、また物流の問題、淡水魚に関する科学的情報の少なさ、古い図面や写真などの検証不可能な証拠などもホーガン氏を悩ませた。

 空気呼吸を行うアマゾン川のピラルクーや、ハトを食べるヨーロッパナマズといった数々の巨大魚に遭遇したものの、ホーガン氏は、研究のきっかけとなったあの魚よりも大きな淡水魚の捕獲についての科学的な記録を見つけることはできなかった。(参考記事:「ハトを食べる東欧の巨大ナマズ、西欧で在来魚の脅威に」

 ところが先週、米国際開発局(USAID)の支援を受けているホーガン氏の調査チーム「ワンダーズ・オブ・ザ・メコン(メコン川の驚異)」のところに、モウル・トゥンさんから連絡が入った。これまでに見たどの魚よりも「ずっと大きい」巨大なエイを、偶然釣り上げたというのだ。

 コー・プレア島に到着したチームが調べたところ、トゥンさんが釣った魚は健康そうなメスの個体で、鼻先から尾までの長さは4メートルを超えた。3つ並べた秤の上になんとか巨大魚を乗せた研究者らは、その体重に驚愕した。661ポンド(約300キロ)というのは、世界記録を更新する数字だった。

参考ギャラリー:世界の巨大淡水生物、40年間で約9割も減っていた 写真14点(画像クリックでギャラリーへ)
参考ギャラリー:世界の巨大淡水生物、40年間で約9割も減っていた 写真14点(画像クリックでギャラリーへ)
0kg以上になる淡水動物126種を調べた最新の研究により、およそ40年間で9割近く個体数が減っていたことが明らかになった。多くの種が絶滅の危機に直面している。(COURTESY OF ZEB HOGAN)

次ページ:最大の淡水魚を探して

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,960円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加