脳に超音波ビーム、がんや認知症にも、薬を届ける新たな治療法

集束超音波治療の開始前、血流にはマイクロバブルが注入される。低強度の集束超音波がマイクロバブルを振動させ、これによって血液脳関門が一時的に開かれて、腫瘍に薬を届けられるようになる。(PHOTOGRAPH BY KEVIN VAN PAASSEN, SUNNYBROOK HEALTH SCIENCES CENTRE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー