スズメバチの羽音をまねてフクロウをよけるコウモリ、初の事例

音による異なる種への擬態を哺乳類で初めて報告、オオホオヒゲコウモリ

2022.05.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飛行中のオオホオヒゲコウモリ(Myotis myotis)。この種は捕食者を追い払うため、スズメバチの羽音をまねて出していることが明らかになった。(PHOTOGRAPH BY WILDLIFE GMBH / ALAMY STOCK PHOTO)
飛行中のオオホオヒゲコウモリ(Myotis myotis)。この種は捕食者を追い払うため、スズメバチの羽音をまねて出していることが明らかになった。(PHOTOGRAPH BY WILDLIFE GMBH / ALAMY STOCK PHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 ある生きものが別の何かのふりをする擬態は、動物界に広く存在する。

 自分を毒蛇のように見せられる毛虫がいる。かと思えば、ハイイロモンキタイランチョウと呼ばれるアマゾンの鳥のひなは、毒を持った毛虫に姿を変える。花を好むハナアブは、針で刺す嫌な昆虫であるカリバチそっくりの姿に進化した。(参考記事:「【動画】双頭のヘビに擬態するイモムシ、瞬きも」

 これらは全て、わりと無害な動物が捕食者となりそうなものを追い払うため、より危険な種をまねる「ベイツ型擬態」の例だ。私たちが知る限り、このような特定の種類の擬態のほとんどは視覚的だが、このたび初めて音による異なる種への擬態が哺乳類で報告された。5月9日付けで学術誌「Current Biology」に掲載された研究によると、ヨーロッパで一般的な種であるオオホオヒゲコウモリが、おそらくフクロウに捕食されないように、スズメバチの飛んでいる音を自らの羽音でまねているという。

「私たちは、哺乳類が捕食者である鳥を脅かすために昆虫の音をまねることを発見しました」と、論文の筆頭著者で、イタリアのフェデリコ2世・ナポリ大学の生態学教授であるダニーロ・ルッソ氏は言う。「これは進化的に互いに遠い3つの種を含む、驚くべき進化的な相互作用です」

どんな音?

 オオホオヒゲコウモリ(Myotis myotis)は、昆虫、特に甲虫を食べるのが好きな、ヨーロッパに広く生息するコウモリだ。彼らは、森林地帯や林縁でコロニー(集団)をつくり、一年の大半は地下の洞窟を、夏は建物の中をねぐらにしている。彼らは特にねぐらを出るときや戻るときに、メンフクロウ(Tyto alba)やモリフクロウ(Strix aluco)といった鳥にしばしば捕食される。

 1999年、ルッソ氏はヨーロッパのコウモリのエコーロケーション(反響定位)の鳴き声ライブラリーを構築すべく、様々な種がどのようにコミュニケーションをとるかについてデータを集めていた。「かすみ網から小さなホオヒゲコウモリを取り出し、手に持っていると、ホオヒゲコウモリが震えだし、連続的に激しい羽音を出し始めたんです」

「私がまさに最初に思ったのは……スズメバチか、カリバチのような音だ!」と、ルッソ氏は驚いた。

 当初、研究者たちは、その音は単なる日常的な救難信号だと推測していた。しかし、「その音が明らかに昆虫に似ていたので、すぐに仮説が生まれました。数年後にようやく、コウモリがスズメバチあるいはハナバチをまねているのではないだろうか、という仮説を検証することに決めました」とルッソ氏は言う。

 ルッソ氏自身、過去にこれらのコウモリのねぐらとなる洞窟の入口で、メンフクロウが吐き出したペレット(不消化物のかたまり)を採取したことがある。

「信じられないかもしれませんが、そのペレットにはコウモリの頭蓋骨がたくさん含まれていました。ですから、これらのコウモリが逃げおおせるためにフクロウの邪魔をするという、進化論的に言って、とても極端な試みに『挑んだ』可能性がないとはいえないと感じました」

フクロウに聞かせてみた

 今回の研究で、ルッソ氏と同僚はまず、コウモリの羽音をセイヨウミツバチ(Apis mellifera)とモンスズメバチ(Vespa crabro)など4種のハチとアリの仲間(膜翅類)の羽音と比較した。音の周波数(高さ)や長さなどを分析したところ、その構造がよく似ていることがわかった。

 さらに、フクロウの可聴域に合うように高い音を取り除いてみた結果、コウモリの羽音は昆虫の羽音により似ることがわかった。「フクロウには聞こえない音を取り除いてみると、類似性は特に強くなりました」とルッソ氏は言う。

 その後、研究者たちは、スピーカーから昆虫2種とコウモリの羽音、そして、比較のためにコウモリがコミュニケーションに使う音声を、メンフクロウとモリフクロウという2種のフクロウに聞かせてみた。

次ページ:同じトリックを使う種はもっといる?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

動物の心 知性・感情・言葉・社会

知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。

価格:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加