研究者もびっくり イルカは「尿の味」で仲間を判別している

当てずっぽうの実験がイルカの知覚研究の新たな扉を開く

2022.05.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

文=REBECCA DZOMBAK/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

動物の心 知性・感情・言葉・社会

知性、感情、言語、社会などのカテゴリーで、動物たちが何を考え、何を感じ、どんな知識を獲得しているのか、最新の興味深いエピソードに触れながら解説します。

価格:1,540円(税込)

おすすめ関連書籍

イルカと話せる日

その脳と知性

イルカのコミュニケーションを解き明かそうとする科学者たちの挑戦は今、新たな段階を迎えつつある。いつの日か、人間が彼らと「会話」できる日は来るのだろうか。

価格:330円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加