私たちが思い描く「海賊」像の多くは誤解、本当にあったのは?

ドクロの旗、お宝伝説、板歩きの刑…海賊伝説の真相

2022.06.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19世紀の画家ハワード・パイルのイラスト。このように、板の上を歩かせるという懲罰が実際に行われていた記録はないが、海賊にまつわるフィクションには多く登場する。(IMAGE COURTESY OF BRIDGEMAN IMAGES)
19世紀の画家ハワード・パイルのイラスト。このように、板の上を歩かせるという懲罰が実際に行われていた記録はないが、海賊にまつわるフィクションには多く登場する。(IMAGE COURTESY OF BRIDGEMAN IMAGES)

「海賊」と聞いて頭に浮かぶのは何だろう? 眼帯にひげ、肩にはオウムを乗せ、宝の地図を広げている。船にはドクロの旗を掲げ、掟を破った船員を「板歩きの刑(海に突き出た板の上を歩かせる)」に処す……。

 しかし、こうしたイメージのほとんどは海賊の本当の姿ではない。海賊は実際に昔からいるし、今も存在するが、その多くはテレビや映画で描かれる海賊の姿とは程遠い。では、なぜこのような誤解が生まれてしまったのだろうか。

ありがちな海賊ファッション

 海賊はよく、カラフルな服装で描かれる。ハリウッド映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』に登場するジャック・スパロウ船長のように、ゆったりとしたシャツを着て、頭にはバンダナ、腰にはスカーフ、破けたズボン、ずたぼろのブーツといったいでたち。またはヨーロッパの貴族のような洒落た服を着ていることもある。

20世紀初頭に描かれたこの絵のように、大衆作品によくみられる海賊の服装は、空想である場合が多い。(IMAGE COURTESY OF BRIDGEMAN IMAGES)
20世紀初頭に描かれたこの絵のように、大衆作品によくみられる海賊の服装は、空想である場合が多い。(IMAGE COURTESY OF BRIDGEMAN IMAGES)

 しかし、残念ながら実際にはそんな恰好をした海賊はいない。このイメージを作り出した米国人画家のハワード・パイルは、19世紀後半のスペインの盗賊たちからインスピレーションを得たという。18世紀の船乗りたちは、海賊も含めて、ひざ丈のワイドパンツに、太ももまである作業着を着ていた。

 義肢も、海賊にありがちなイメージだ。木製の義足やかぎの手を持っていた海賊も実在したが、おそらくそれはごくわずかだったと考えられる。海上で手や足が切断されるような目に遭えば、それはそのまま死の宣告を意味していたはずだ。船には薬が積まれ、船員が手当てをすることはあっても、感染や出血がひどければ、死に至る。もし生存したとしても、戦闘能力は大きく制限されるため、船では調理人など裏方の仕事に回っていたことだろう。

1950年の映画『宝島』で、架空の海賊ロング・ジョン・シルバーを演じたロバート・ニュートン。(PHOTOGRAPH BY UNITED ARCHIVES GMBH/ALAMY STOCK PHOTO)
1950年の映画『宝島』で、架空の海賊ロング・ジョン・シルバーを演じたロバート・ニュートン。(PHOTOGRAPH BY UNITED ARCHIVES GMBH/ALAMY STOCK PHOTO)

海賊はお宝を埋めたのか

 キャプテン・キッドが宝を埋めた話は有名だ。しかし、多くの海賊は、奪い取った財宝を女と酒に使い果たしていた。宝を埋めても、誰かが抜け駆けして埋めた宝をこっそり掘り返しに戻るのではという疑心暗鬼もあったはずだ。

 また、お宝といっても金銀財宝の類は少なく、材木、毛皮、絹、綿、香料、医療品などの交易品が主だった。他に、船を修理するために必要な縄や索具、帆布なども積んでいた。(参考記事:「18世紀の海賊が食べていたものは?」

次ページ:実際にあったのはこれ

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

世界の海賊 海を愛した無法者たちの夢

歴史の始まりから、海は海賊とともにあった。洋の東西を問わず、陸からは見えにくい海に生きた人間たちの素顔をさらし、史実をあぶり出す。豊富なビジュアルとともに、歴史のロマンを感じる1冊。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加