野菜や果物の栄養分は数十年前に比べて低下、知っておきたいこと

栄養分はどれほど減った?その原因は?私たちにできることは?

2022.05.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
収穫したてのニンジン。こうした野菜は、重要な栄養分の供給源となる。(PHOTOGRAPH BY LUCAS FOGLIA)
収穫したてのニンジン。こうした野菜は、重要な栄養分の供給源となる。(PHOTOGRAPH BY LUCAS FOGLIA)

 スーパーに並ぶ色鮮やかな野菜や果物。だがそこに含まれる栄養分は数十年前に比べて減っていることが、複数の研究で示されている。

 多くの野菜や果物、穀物において、タンパク質やカルシウム、リン、鉄、リボフラビン、ビタミンCなどが少ないという証拠が見つかっているのだ。野菜の栄養分が減ると、「体内で慢性的な疾患を防いでくれる成分も少なくなり、その意味で食物の価値が損なわれてしまいます」と、米ワシントン大学教授のデビッド・R・モンゴメリー氏は言う。

 これは「わたしたちの祖父母が食べていたものの方が、今日の人々が食べているものよりも健康的だったことを意味します」と、ワシントン大学の気候変動と健康の専門家クリスティ・イバイ氏は指摘する。

米カリフォルニア州のシンギングフロッグ農園で環境再生型農業を行うカイザー家の人々。たとえば芝生にヤギを放牧すれば、芝刈りをするよりも土壌を荒らさずにすむ。(PHOTOGRAPH BY LUCAS FOGLIA)
米カリフォルニア州のシンギングフロッグ農園で環境再生型農業を行うカイザー家の人々。たとえば芝生にヤギを放牧すれば、芝刈りをするよりも土壌を荒らさずにすむ。(PHOTOGRAPH BY LUCAS FOGLIA)

 科学者らによると、問題の根本は、灌漑の肥料の使用といった「現代の農業プロセス」にあるという。収穫量を増やす一方で土壌の健康を阻害するこうしたやり方はまた、植物と土壌菌類との相互作用を妨げ、土壌から吸収される栄養分を減少させている。これらの問題の背景には気候変動や二酸化炭素濃度の上昇もあり、それらも栄養分低下の原因となっている。

 専門家らは、これをきっかけにより多くの人たちが、自分たちが食べる食物がどのように栽培されているのかに関心を持ってくれることを期待している。「人口が増加していく中、わたしたちには耕作地を減らす余裕はありません。劣化した土地の回復に取り組む必要があります」と、モンゴメリー氏は言う。

栄養分はこれだけ減った、研究3件

 学術誌「Journal of the American College of Nutrition」の2004年12月号に発表された論文は、この問題に焦点を当てた最大規模の研究のひとつだ。米テキサス大学オースティン校の研究者らが、1950年と1999年に公表された米国農務省の栄養分データを用いて、アスパラガス、インゲン、イチゴ、スイカなど43種類の作物に含まれる栄養素13種類の変化を記録した。

 これらの野菜や果物では、タンパク質やカルシウム、リンの減少が見られたほか、全身に酸素を運ぶ鉄分、脂肪や薬物の代謝に不可欠なリボフラビン、さらにはビタミンCレベルも低下していた。

次ページ:どれだけ減っていた?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

食材の科学

菜食とスーパーフードの魅力再発見

「ナショナル ジオグラフィック別冊」シリーズの第2弾。米国でブームの野菜や果物中心のヘルシーな食生活をカラフルな写真とともに紹介するムックです。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加