多くの昆虫は成長の一環として脱皮する必要がある。写真はキリギリスの仲間。(Photograph by GEORGE GRALL, Nat Geo Image Collection)
多くの昆虫は成長の一環として脱皮する必要がある。写真はキリギリスの仲間。(Photograph by GEORGE GRALL, Nat Geo Image Collection)
[画像をタップでギャラリー表示]

 固い殻をまとう生き物には、成長のために避けては通れない過程がある。その殻を脱ぐことだ。

 地球上で最も種数の多い動物群である節足動物は、すべて「外骨格」と呼ばれる固い覆いによって体を支え、捕食者から身を守る。カニの殻からテントウムシのつやつやの背中まで、外骨格の形や大きさはさまざまだが、そのほとんどが同じ「キチン」という線維性の物質でできている。

 成長期の節足動物では、時期が来るとホルモンの働きにより脱皮が始まる。外骨格の外層「クチクラ」とその内側の「表皮」との間に、新たなクチクラが作られる。そこで動物が大量の空気を取り込み、体の周りの体液が移動することで、外骨格では弱い縫合部に裂け目ができる。

 ゴキブリであれば「背中の中心が真っ二つに割れ」、「おそらく20分もかからずに出てきます」と、米オクラホマ州立大学の昆虫学者、アンドリーヌ・シュフラン氏は説明する。

 カニのような水生甲殻類であれば、水を取り込んで縫合に圧力をかけることで、ぴたぴたの古い殻を脱ぐ。その様子は、あたかも封筒にピッタリと収まった手紙を取り出すかのようだ。

 甲殻類の脱皮では殻を丸ごと脱ぐため、「海岸にはあらゆる大きさのカニやカブトガニの完璧な抜け殻が散らばっています」と、米コネティカット大学の進化生物学者、クリスティーン・サイモン氏はメールで教えてくれた。

 タランチュラやサソリのようなクモ綱の生物の場合は、そこまで外骨格が柔らかくないため、「まず頭の部分を脱いで、その穴から残りの体を引き出します」とシュフラン氏は言う。(参考記事:「タランチュラは足から糸を出す」

多くの昆虫は、脱皮後外骨格が固くなるまで捕食者に対して無防備になる。写真はオレンジ色のテントウムシ。(Photograph by GEORGE GRALL, Nat Geo Image Collection)
多くの昆虫は、脱皮後外骨格が固くなるまで捕食者に対して無防備になる。写真はオレンジ色のテントウムシ。(Photograph by GEORGE GRALL, Nat Geo Image Collection)
[画像をタップでギャラリー表示]

 カメが甲羅を脱ぐのは、古いマンガの中だけの話だ。実際は、カメの甲羅は骨格の一部で、「50個ほどの骨が、複雑な幾何学模様のように並んでできています」と、米地質調査所の調査生態学者、ジェフリー・E・ロビッチ氏は説明する。

抜け殻から居場所がわかる

 ロビッチ氏によれば、この骨質の甲羅の表面をケラチン質の鱗(うろこ)からなる甲板が覆っている。カメは皮をむくようにこの甲板を剥がすことで、甲羅に生える藻類が増えるのを防ぎ、甲羅が大きくなることを助けている。(参考記事:「甲羅進化の謎に迫る最古のカメを発見」

次ページ:脱いだ皮を食べるものもいる

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

動物たちのしあわせの瞬間 増補版

親子で寄り添い、食べて、遊んで、恋をする。動物たちの自由でしあわせな姿に、元気をもらえる!世界中の動物たちのしあわせを感じる瞬間を集めた写真集。前作から5年間の新作を追加して発行する増補版です。

定価:3,520円(税込)