ハワイ島で年に1回行われる競技会兼文化の祭典である「メリー・モナーク・フェスティバル」に登場したフラダンサーたち。古きハワイの伝統は今、回復されつつあり、島々の博物館やリゾートで大切に受け継がれている。(PHOTOGRAPH BY PHOTO RESOURCE HAWAII, ALAMY STOCK PHOTO)
ハワイ島で年に1回行われる競技会兼文化の祭典である「メリー・モナーク・フェスティバル」に登場したフラダンサーたち。古きハワイの伝統は今、回復されつつあり、島々の博物館やリゾートで大切に受け継がれている。(PHOTOGRAPH BY PHOTO RESOURCE HAWAII, ALAMY STOCK PHOTO)

 花の冠と草のスカートを身に着けたフラガールは、ホノルルに最初のクルーズ船が就航した1920年代以来、ハワイのおもてなしの象徴となってきた。今日でも、異国情緒の漂う踊り手の写真は、旅行会社のウェブサイトなどで多く用いられている。

 過去200年の間に、人々から愛されるハワイの舞踊フラは、神聖な宗教的慣習から旅行者に人気の呼びものへと変わり、その過程で文化盗用の犠牲となり、消滅の危機にも陥った。

「人々は昔ながらのスタイルのフラを遠ざけ、その踊り手をまるで未開の人間であるかのように見ていました」と語るのは、「クム・フラ(フラの師匠)」で、ハワイの文化大使でもあるミカ・カモホアリイ氏だ。「フラはやがて、ハリウッドのショーのようなものになっていきました。本来のフラでは、セロファンのスカートやココナツのブラジャーを着けて踊ることは決してありません」

 ハワイの人々にとって、フラは自分たちの歴史と物語を保存する生きたアーカイブであり、これを守っていくことは彼らの責任(クレアナ)だ。「フラはわたしたちが何者であるかを最も的確に表すものです。それはわたしたちの言葉を動きに置き換えたものなのです」と、1976年からフラを教えているクム・フラ(師匠)のマプアナ・デ・シルバ氏は言う。「フラで語られる物語には、わたしたちの生き方だけでなく、わたしたちの存在、わたしたちの世界が含まれています」

 ハワイの文化関連の諸団体は現在、現地の人々および旅行者のために、より本来の形に近いフラを復活させ、保護することに力を入れている。「今の人々は歴史を求めています」とカモホアリイ氏は言う。「彼らは真実を知りたいと望み、ほんものに触れたいと思っているのです」

ホノルルのワイキキビーチで行われているフラショーに集う人々。(PHOTOGRAPH BY CANNON PHOTOGRAPHY LLC, ALAMY STOCK PHOTO)
ホノルルのワイキキビーチで行われているフラショーに集う人々。(PHOTOGRAPH BY CANNON PHOTOGRAPHY LLC, ALAMY STOCK PHOTO)

フラのルーツ

 1778年に西洋文化と接触する以前、フラは数百年間にわたりハワイの生活の一部となっていた。踊り手たちは、神や族長をまつる儀式で詠唱に合わせて踊り、また天候のパターン、星々、地球と溶岩の動きなどを説明する物語を語っていた。

 ハワイの神話には、フラの起源についていくつもの物語があり、その多くに火山と火の女神であるペレが登場する。伝説やそれに伴う体の動きは、地域によって異なる。「ハワイ島プナ地方では、激しい詠唱に合わせて踊ります。まるで溶岩が割れる音や、火山から聞こえる轟音のような詠唱です」と、カモホアリイ氏は言う。「きれいな浜辺のあるカウアイ島では、海を彷彿させるメロディアスで流れるようなスタイルになります」(参考記事:「大迫力、空から至近距離で撮ったハワイの溶岩 10点」

 1820年以前、文字が存在しなかったハワイにおいて、フラは世代から世代へと知識を受け継いでいくための手段のひとつだった。しかし19世紀、キリスト教宣教師による影響が島々に広がるにつれ、聖なる舞踊フラは人々から敬遠されるようになっていった。フラは下品な異教徒の儀式とみなされ、公の場で踊ることを禁じられた。それでも、地方の村々では引き続き「ハラウ・フラ(フラの学校)」が開かれていた。

「わたしの先祖は、洞窟やサトウキビ畑で踊っていました。まわりにだれもいない深夜に練習をしていたのです」と、カモホアリイ氏は言う。「そうした古い舞踊を教え続けていくのは重要なことでした」

次ページ:フラのステレオタイプ化

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

感動の体験旅行 もうすぐ世界が待っている!

歴史や文化を感じる旅から大自然を味わう旅まで、世界各地約100カ所の定番観光地を美しい写真で巡る。それぞれの場所での旅の楽しみ方を、「文化に触れる」「身体を動かす」「自分を見直す」そして「地域活動に参加する」の4つのテーマに分けて紹介。

定価:1,540円(税込)