消えゆく伝説の茶馬古道を歩く、中国の少数民族の村が残る奥地へ

中国の茶とチベットの馬の交易に使われたもう一つのシルクロード

2022.04.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かつての交易商のように、四川省甘孜(かんし)で購入した茶を徒歩で運ぶ遊牧民。茶色い包みには、1包につきレンガ状に押し固めた磚茶(たんちゃ)が4個入っていて、重さは9キロ以上。チベット人は1日に40杯もの茶を飲むため、この量では1カ月と持たない。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL YAMASHITA, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
かつての交易商のように、四川省甘孜(かんし)で購入した茶を徒歩で運ぶ遊牧民。茶色い包みには、1包につきレンガ状に押し固めた磚茶(たんちゃ)が4個入っていて、重さは9キロ以上。チベット人は1日に40杯もの茶を飲むため、この量では1カ月と持たない。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL YAMASHITA, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

 どうやら道に迷ってしまったようだ。

 ドキュメンタリー写真家のチャン・ホンギさんと私(筆者のポール・サロペック)は、シルクロードの南に延びる中国の茶馬古道をたどろうとしていた。

 迷路のように入り組んだ石畳の茶馬古道が生まれたのは、数百年前のことだ(2000年以上前だという意見もある)。商人たちがかつて、この道を通って雲南省と四川省で採れた茶の塊をチベットまで運び、そこで丈夫な子馬と交換したことから、茶馬古道と呼ばれるようになった。

四川省とチベットを結ぶ川蔵公路は、かつての茶馬古道に沿って建設された高速道路だ。場所によっては、標高5500メートル近くまで達する。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL YAMASHITA, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
四川省とチベットを結ぶ川蔵公路は、かつての茶馬古道に沿って建設された高速道路だ。場所によっては、標高5500メートル近くまで達する。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL YAMASHITA, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

 馬と茶以外にも、手漉き紙、絹、翡翠、アヘン、黄金、塩などあらゆる交易品が、中国各地から、東南アジア、さらにはインド北部の市場まで、ラバやヤク、人の背に乗せて運ばれた。ネパールでは標高4500メートルの雪山を越え、ミャンマーでは熱帯雨林のトンネルをくぐり抜けた。先頭を行く動物たちは、鮮やかな赤い房や鏡、鈴で飾り立てられた。商人たちは、携帯していたマスケット銃で山賊と戦い、仏教を広め、何週間も、何カ月も、時には何年もかけて旅をした。

 私は過去9年間、地球を歩いてきた。石器時代にアフリカを出て世界へ拡散したホモ・サピエンスの移動ルートをたどって、太陽が昇る東の方角、アジアを目指して、旅を続けてきた。そして半年前から、消えゆく中国の茶馬古道を歩いている。(参考記事:「圧倒される星空を見に中国の山村へ行ってみた」

 ここでの私の道連れは、雲南省昆明出身のチャン・ホンギさんだ。超新星のようなエネルギーを持つ彼女は、腕を大きく振りながら会話し、何度も道を外れ、ムササビに驚いて高く飛び跳ねる。朝は誰よりも早く起きてリュックを背負い、他の者が出発の準備を終えるのを、宿の玄関で待っている。

 ある時、チャンさんは私に打ち明けてくれた。「正直言って、初めて昆明であなたに会った時、とても世界を歩いて回っている人には見えませんでしたよ。でも、持っていた荷物を開けたら、独特のにおいがしたんです。それで、ああ、と納得しました」

筆者とともに茶馬古道を一緒に歩いたチャン・ホンギさんと、チャン・チンフアさん。(PHOTOGRAPH BY PAUL SALOPEK)
筆者とともに茶馬古道を一緒に歩いたチャン・ホンギさんと、チャン・チンフアさん。(PHOTOGRAPH BY PAUL SALOPEK)

次ページ:中国の「夢見る冒険家」の足跡

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

世界から消えゆく場所

万里の長城からグレート・バリア・リーフまで

放棄された場所、忘れられた場所、消え去った場所を、世界中から37カ所集めて紹介する。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,750円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加