2つの州にまたがる米国最大の国定景勝区域、コロンビア川峡谷

「いつか訪れたい旅先25 2022年版」第14回

2022.05.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ワシントン州、コロンビア川への斜面に広がる果樹園とぶどう園。後ろに見えるのはフッド山。(PHOTOGRAPH BY GREG VAUGHN, ALAMY STOCK PHOTO)
米ワシントン州、コロンビア川への斜面に広がる果樹園とぶどう園。後ろに見えるのはフッド山。(PHOTOGRAPH BY GREG VAUGHN, ALAMY STOCK PHOTO)

 米国最大の国定景勝区域は、多くの人が思い浮かべる場所とは違うかもしれない。ワシントン州とオレゴン州の州境に広がるコロンビア川峡谷沿いの区域なのだ。公有地と私有地を合わせて1185平方キロメートルになる。

 フッド山も間近に見えるこの峡谷には、毎年200万人以上が訪れる。地元の自然や文化への影響を減らすため、非営利団体が持続可能な観光経済を発展させようと努力しており、それは他の地域のモデルにもなっている。

 コロンビア峡谷観光協会が中心となって、旅行客教育プログラム「レディ・セット・ゴージ」や、農場、歴史あるホテル、ワイン醸造所、この地ならではの経験を提供する旅行会社などのネットワーク「イーストゴージ・フードトレイル」を立ち上げた。地元団体との提携や旅行客の教育は、あらゆる人にとって有益だと言うのは、MountNbarreL社のオーナー、アリ・マクロフリン氏だ。同社はワインの試飲をしながらの自転車旅行など、車を使わない体験型のツアーを提供している。

「観光客に自分が旅する地域を尊重する重要性を理解してもらうことは、地元住民の不安を和らげる上でも大いに役立ちます」とマクロフリン氏は話す。

ギャラリー:いつか訪れたい旅先25 2022年版(画像クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:いつか訪れたい旅先25 2022年版(画像クリックでギャラリーページへ)
エクアドル、ヤスニ国立公園
(PHOTOGRAPH BY DUKAS PRESSEAGENTUR, ALAMY STOCK PHOTO)
関連記事 大自然の中でカヤック ギャラリー:雄大な自然を足の裏に感じて 朝の光とメトラコ滝

※「いつか訪れたい旅先25 2022年版 もう一度旅に出よう」ほか、旅の記事は「旅・文化の記事一覧」でまとめてご覧いただけます。

文=NATIONAL GEOGRAPHIC/訳=山内百合子

おすすめ関連書籍

感動の体験旅行 もうすぐ世界が待っている!

歴史や文化を感じる旅から大自然を味わう旅まで、世界各地約100カ所の定番観光地を美しい写真で巡る。それぞれの場所での旅の楽しみ方を、「文化に触れる」「身体を動かす」「自分を見直す」そして「地域活動に参加する」の4つのテーマに分けて紹介。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加