シチリアの旅、古代の巡礼路をたどって島を縦断しよう

地元のボランティアが温かく迎えてくれる全長180キロのコース

2022.04.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
巡礼路が復活したイタリア、シチリア島のアグリジェント。世界遺産「神殿の谷」には多くの観光客が訪れる。(PHOTOGRAPH BY FRANCESCO LASTRUCCI)
巡礼路が復活したイタリア、シチリア島のアグリジェント。世界遺産「神殿の谷」には多くの観光客が訪れる。(PHOTOGRAPH BY FRANCESCO LASTRUCCI)

 10年前、イタリアの歴史家や考古学者らが、十字軍の騎士たちがノルマン語で記したシチリア島内陸部の古道を地図にまとめる作業を始めた。ほとんど忘れられていたこれらのルートは、巡礼路「ヴィア・フランチジェナ」の一部だ。ヴィア・フランチジェナは、英カンタベリーからイタリア、ローマ、そして南東の聖地へと続く、かつてヨーロッパで最も古く、最も人気があった巡礼路である。

 シチリア島の巡礼路は、ギリシャ人、ローマ人、ノルマン人、アラブ人、アラゴン人などが何世紀にもわたって利用し、現在でもその痕跡が残っている。シチリア島の住人たちは、数千年の歴史を持つ巡礼路に新しいトレッキングコースを作り、観光客を増やそうという野心的なプロジェクトを始めた。

パレルモ大聖堂ではマグナ・ヴィア・フランチジェナで最初のスタンプが押される。(PHOTOGRAPH BY FRANCESCO LASTRUCCI)
パレルモ大聖堂ではマグナ・ヴィア・フランチジェナで最初のスタンプが押される。(PHOTOGRAPH BY FRANCESCO LASTRUCCI)

 80の自治体と6つのカトリック教区が参加したルート復活プロジェクトは2017年に完結、海岸沿いの都市パレルモからアグリジェントまで、島の南北を貫く全長180キロメートルの巡礼路「マグナ・ヴィア・フランチジェナ」が完成した。このコースを歩けば、至るところで巡礼パスポートにスタンプを押してもらえ、終点の地アグリジェントの大聖堂ではテスティモニアム(完歩証明書)が待っている。

自然の魅力に包まれた巡礼

 友人と私(筆者のSarah Barrell氏)は、島を縦断する巡礼の旅に出た。パレルモ郊外で、ピクニック用のパニーニを詰めた後、パスポートにスタンプを押してくれたのは地元のバリスタ。巡礼路では、こうした地元のバーや店、教会、宿が巡礼者を歓迎してくれる。

 コースを進むと、そこはシチリアの穀倉地帯。小麦畑と泥まみれの家畜の間に、ヤシやアロエ、サボテンの渓谷が不釣り合いなほど亜熱帯的に見えてくる。

 道沿いに等間隔で設置された柱には目印である赤と白の縞模様が描かれ、未舗装の道を進むよう私たちを促してくれる。

 さらに歩いてようやく電波が届くようになった携帯電話には、フランチジェナの仲間たちからのメッセージが入っている。ツアーオペレーターの「UTracks」は、旅のメモや地図、オフラインのGPSアプリに加え、地元のボランティアネットワークにもつないでくれる。温かい食事から手ごろなベッドまで、巡礼者を支援し、必要なときには緊急支援もしてくれるのだ。(参考記事:「聖地巡礼ブームが花開かせた尊い美、ロマネスク建築とは」

ギャラリー:シチリアの旅、古代の巡礼路をたどって島を縦断しよう 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:シチリアの旅、古代の巡礼路をたどって島を縦断しよう 写真12点(写真クリックでギャラリーページへ)
ラバト地区は西暦860年にアラブ人によって造られた。シチリアタイルの屋根と漆喰の家、狭い道、急な階段で知られる。(PHOTOGRAPH BY FRANCESCO LASTRUCCI)

次ページ:マフィアについての誤解を正す

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、
 日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

いつかは訪れたい 美しき世界の寺院・神殿

世界の美しい祈りの場100カ所を写真でめぐる。伝統宗教の寺院から、古代の神殿まで。

定価:2,200円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加