アンコール・ワット寺院が建造されたのは12世紀。クメールの王スーリヤヴァルマン2世がヒンドゥー教の聖なる「須弥山(しゅみせん)」を模して建てたものだ。(ASHIT DESAI/GETTY IMAGES)
アンコール・ワット寺院が建造されたのは12世紀。クメールの王スーリヤヴァルマン2世がヒンドゥー教の聖なる「須弥山(しゅみせん)」を模して建てたものだ。(ASHIT DESAI/GETTY IMAGES)

 うっそうとしたジャングルの中に突如現れる熱い夢の跡、アンコール・ワット。そこは石造りの壮大な都市で、優雅にそびえる塔や広々とした中庭と回廊、複雑なレリーフなどが残されている。(参考記事:「アンコール遺跡だけじゃない、カンボジア古都の旅」

 アンコール・ワットは、およそ900年前に古代クメール王朝によって建てられた寺院で、カンボジア北西部、トンレサップ湖の岸辺に位置する。この付近には、今も数百の寺院が残っているが、群を抜いて有名なのがこのアンコール・ワットだ。広さ約1.6平方キロメートルに及ぶ世界最大級の宗教建造物は、人類の文化的偉業の一つであり、現在のカンボジアの国旗にも描かれている。(参考記事:「ギャラリー:荘厳で華麗 世界の聖地を彩る38の宗教建築」

 クメール語で「王都の寺院」を意味するアンコール・ワットの建造が始まったのは12世紀前半のこと。クメール王スーリヤヴァルマン2世(在位紀元1113年〜1150年ごろ)が、自らの葬祭殿とするために建造したと考えられている。

 アンコール・ワットはヒンドゥー教の影響を色濃く受けており、もともとはブラー・ヴィシュヌロカ(ヴィシュヌの聖なる住居という意味)と呼ばれていた。ヴィシュヌ、シヴァ、ブラフマーといったヒンドゥーの神々の姿は、アンコール・ワットの多くの彫刻にも残されている。

 もっとも目を引く建造物は、中央にある5つの円錐形の塔だ。そのうち4つは四隅に、1つは中心に位置する。蓮が積み重なるようなデザインは、古代インドの世界観で中心にそびえる聖なる山、須弥山(しゅみせん)を象徴する。長さ188メートルの橋を渡って敷地に入り、3つの回廊を抜けて寺院に向かうと、ヒンドゥーの神々、古代クメールの出来事、サンスクリットの大叙事詩『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』の場面など、さまざまな浅浮き彫りを施された内壁が迎えてくれる。

ギャラリー:アンコールの寺院群、カンボジア 写真10点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:アンコールの寺院群、カンボジア 写真10点(写真クリックでギャラリーページへ)
アンコール・ワットを空から見下ろす。この角度から見ると、複雑な形状と規模の大きさがよくわかる。高さ4.5メートルほどの壁が寺院を囲んでおり、いくつかの門が設けられている。(MICHELE FALZONE/AWL IMAGES)
 

クメールの隆盛

 クメール王朝は9世紀から15世紀にかけて繁栄し、広大で豊かな、そして文化程度の高い帝国を築き上げた。支配地域は、現在のミャンマーからベトナムまで、東南アジアの大陸部ほとんどに及んだ。都市は河川や幹線道路で結ばれ、現在よりも温暖な気候と豊かな雨のおかげで農産物にも恵まれていたと考えられる。

 アンコールの寺院群は、古代クメールの首都アンコールのそばに建造された。高度な建築(アンコール・ワットを見下ろす位置にある9世紀のプノン・バケン寺院など)は、王朝の初期のころからの関心事だった。12世紀には、スーリヤヴァルマン2世のもとで、アンコール・ワットの建造が進み、クメール全域でヒンドゥー教から仏教への転換が行われた。

次ページ:ヨーロッパ人の到来

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

いつかは訪れたい 美しき世界の寺院・神殿

世界の美しい祈りの場100カ所を写真でめぐる。伝統宗教の寺院から、古代の神殿まで。

定価:2,200円(税込)