家庭菜園や花壇では益虫とされるミミズだが、北米の多くの森林など、本来ミミズが生息していなかった土地では、在来動物に意外な悪影響を及ぼしている。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN DALTON, MINDEN PICTURES)
家庭菜園や花壇では益虫とされるミミズだが、北米の多くの森林など、本来ミミズが生息していなかった土地では、在来動物に意外な悪影響を及ぼしている。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN DALTON, MINDEN PICTURES)
[画像をタップでギャラリー表示]

 2021年の暮れに亡くなった生物学者のエドワード・O・ウィルソン氏は、かつて昆虫のことを「世界を回している小さな者たち」と呼んだ。だが、この5年間、昆虫の激減を示す報告が集まっており、今後をめぐる議論が盛んに交わされている。激減の主な原因とされているのは、生息地の破壊、殺虫剤の過剰な使用、そして気候変動だ。(参考記事:「農業の毒性が48倍に、『沈黙の春』再び? 研究」

 だが3月30日付けで学術誌「Biology Letters」に掲載された論文が、少なくとも北米の広範囲における、もうひとりの意外な容疑者を指摘した。それはミミズだ。

 この研究では、カナダのアルバータ州にあるポプラの森で60の区画を調査したところ、土壌と落葉に生息するミミズの数が多い区画ほど、地上の無脊椎動物の多様性と数が減少していることが確認された。

 ミミズは菜園や花壇の益虫として広く知られているので、この研究結果に驚く人もいるだろう。ミミズは、地中に穴を掘り、土壌を耕して通気性を高め、栄養素を糞として排出する。その作用で、一部の植物は元気に育つことができる。

 だが残念ながら、少なくとも北米北部の森林では、ミミズは私たちが考えていたような、ぬるぬるした地中の天使ではないかもしれない。今回の論文を含め、こうした問題を指摘する研究が増えている。

「昆虫の減少が話題になっても、土壌が注目されることはほとんどありません」と話すのは、論文の著者の一人でドイツ、ライプチヒ大学の土壌生態学者ニコ・アイゼンハウアー氏だ。「減少している昆虫や無脊椎動物の多くは、地中で過ごす時期があります。今、飛び回る昆虫が減っているのは、最初に昆虫たちが土壌から姿を消したからなのです。ミミズは土壌の質を根本的に変えることがあります」(参考記事:「昆虫たちはどこに消えた?」

地下にひそむ侵略者

 ミミズが在来種である生態系では、ミミズの土壌作用が問題にはなることはない。だが北米大陸の北部では1万年以上前に、最終氷期の氷河によって、土壌に生息するミミズがほぼ全滅した。したがって、北米北部の生態系は数千年もの間、ミミズがいないままで進化してきたのだ。

 氷床は、カナダのほぼ全土、米国の北東部の大半と中西部北部の広い範囲を覆った。氷床が後退すると、森林はよみがえったが、ミミズは最大でも1年に約9メートルしか生息域を拡大できないので、回復しなかった。

 落ち葉を食べ、土壌を掘り返すミミズがいないので、北米北部の森林では、落ち葉が厚く積もる落葉層が形成され、多くの動植物や菌類の命を支えるようになった。アイゼンハウアー氏は、専門家でなくてもその違いは感じられると言う。

「ミミズに侵略されていない森を歩くと、地面がふかふかしているのがわかります。それは、数千年かけて形成された、分厚い有機物のカーペットの上を歩いているからです」

次ページ:在来の動植物が影響を受けている

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の会員*のみ、ご利用いただけます。

会員* はログイン

*会員:年間購読、電子版月ぎめ、日経読者割引サービスをご利用中の方、ならびにWeb無料会員になります。

おすすめ関連書籍

2020年5月号

昆虫たちはどこに消えた?/自閉症を抱えて大人に/自閉症の兆候を早く見つける/南米 大自然の贈り物/日本人とニホンザル/緑の草地へ続く道

世界各国で昆虫たちが急減しています。地球上で今何が起きているのか、「昆虫たちはどこに消えた?」で詳しくレポートします。このほか、自閉症について取り上げた二つの特集「自閉症を抱えて大人になる」「兆候を早く見つける」のほか、「日本人とニホンザル」など6本の特集を掲載。

定価:1,210円(税込)