33億円で落札のティラノサウルスの全身化石、ついに行方が判明

2020年10月に匿名の人物が史上最高額で落札、科学者は研究への協力に期待

2022.03.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アブダビ首長国が提供した「スタン」の写真。骨格は再び組み立てられ、堂々たる姿を取り戻した。化石はアブダビに建設中の新しい自然史博物館に収蔵されるという。(PHOTOGRAPH BY DEPARTMENT OF CULTURE AND TOURISM, ABU DHABI)
アブダビ首長国が提供した「スタン」の写真。骨格は再び組み立てられ、堂々たる姿を取り戻した。化石はアブダビに建設中の新しい自然史博物館に収蔵されるという。(PHOTOGRAPH BY DEPARTMENT OF CULTURE AND TOURISM, ABU DHABI)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年10月6日、ティラノサウルス・レックスの全身骨格化石「スタン」が、化石としてはオークション史上最高額となる3180万ドル(当時の為替レートで約33億円)で落札されて以来、古生物学会は大きな謎に包まれていた。これほどの高額でスタンを落札した匿名の人物は誰なのか? その人物はスタンをどうするつもりなのか?(参考記事:「33億円で落札のティラノ全身化石、今後の研究に懸念も」

 その答えがついに明らかになった。スタンは、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビに新設される、自然史博物館の目玉になるという。

 今年初め、ナショナル ジオグラフィックはスタンの足取りを追い、米国の貿易記録から、重量5.6トン、スタンの落札価格と同額の3184万7500ドルの貨物が、2021年5月にニューヨークから中東に輸出されたことを突き止めた。そしてアブダビ文化観光局は3月23日、同国の文化地区であるサディヤット島に建設中のアブダビ自然史博物館にスタンが収蔵されると発表した。アブダビは、オイルマネーで潤うUAEを構成する7つの首長国のうち、最も大きく、最も裕福だ。

 2025年に完成予定のアブダビ自然史博物館は、広さが3万5000平方メートルで、アラビア半島の動植物を中心とした地球上の生命の歴史と、138億年の宇宙の物語を紹介するという壮大な目標を掲げている。

 併せてアブダビ当局は、マーチソン隕石の破片を購入したことも明らかにした。1969年にオーストラリア上空で破裂して地上に降り注いだ炭素質コンドライトという種類の隕石で、70億年前の粒子まで含まれており、太陽系が誕生して間もない頃の化学的性質の研究に長年利用されてきた。(参考記事:「隕石中のDNAの基は宇宙起源。地球外生命!?」

 アブダビ文化観光局のモハメド・ハリファ・アル・ムバラク局長は、ナショナル ジオグラフィックの取材に対し、「ここアブダビは自然史の新たな拠点となり、人類が知る最も驚異的な標本のいくつかを通じて、私たちの宇宙の物語を伝えることになります」と語った。「私たちは自然からの貴重な贈り物を保護し、世界の人々と分かち合えることを誇りに思っています」

次ページ:世界で最も有名なティラノサウルス

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ビジュアル 恐竜大図鑑 [年代別]古生物の全生態

先史時代の生物から恐竜、ヒトの祖先まで約300種の生態を網羅する、古生物大百科。700点を超えるビジュアルを収録。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:5,280円(税込)

おすすめ関連書籍

ダーウィンが来た! 生命大進化 第2集 現生動物への道が開かれた (中生代 ジュラ紀~新生代)

生命がどのように生まれ、時代を生き抜き、進化したのかを圧倒的なビジュアルとともに見る、壮大な進化のドラマ。第2集「現生動物への道が開かれた」では、中生代 ジュラ紀から新生代までを網羅。

定価:1,980円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加