南米ギアナ高地 最後の秘境へ

79歳の研究者、新種のカエルを探しに調査に挑む

2022.03.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誌面で読む
南米のガイアナ、ブラジル、ベネズエラの国境が交わる多雨林にそびえるロライマ山。地元の人々はこの山のように頂上が台地状になった山を「テプイ」と呼ぶ。何億年も前にあった高原が浸食されてできた地形だ。(PHOTOGRAPH BY RENAN OZTURK)
南米のガイアナ、ブラジル、ベネズエラの国境が交わる多雨林にそびえるロライマ山。地元の人々はこの山のように頂上が台地状になった山を「テプイ」と呼ぶ。何億年も前にあった高原が浸食されてできた地形だ。(PHOTOGRAPH BY RENAN OZTURK)
この記事は雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2022年4月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。

35年にわたって新種を探してきた79歳の研究者が、南米ガイアナの密林で最後の調査に挑んだ。目指すのは、人を寄せつけない断崖絶壁だ。

 漆黒の闇に包まれた2月の夜。

 南米ガイアナ北西部に連なるパカライマ山脈で、保全生物学者のブルース・ミーンズが一人たたずみ、ヘッドランプの明かりを頼りに雲霧林を見渡していた。曇った眼鏡の向こうには、緑のコケに覆われた太古の木々がどこまでも立ち並んでいる。朽ちゆく草木の匂いをたっぷり含んだ湿った空気を震わせるのは、カエルたちの歌声だ。その森の交響曲は耳に心地よく、一歩足を踏み入れたら最後、二度と戻れないような、うっそうとした密林の奥へと彼を誘う。

 片手で若木をつかんでバランスを取り、ブルースは一歩踏み出した。だが、落ち葉がたまったぬかるみに足をとられ、先へ進めない。79歳の彼は自身の老体をのろった。最初はゆっくり進むつもりだが、森の自然に体がなじむにつれ、足取りは日増しに力強くなると、出発時に話していたのだが。

 ブルースはこの地域でこれまでに32回も調査を行ってきた。若き日の写真を見せてもらったが、そこには長身で肩幅の広い、たくましい男性が写っていた。いかにも奥地での探検に慣れているように見える。

 1980年代には、おんぼろバスに揺られて、ベネズエラ東部の広大な平原、グラン・サバナを横切り、両生類と爬虫(はちゅう)類の新種を探しにパカライマ山脈に分け入ったものだと、ブルースは話してくれた。野生の生き物たちの世界にできるだけ近づこうと、名も知れない山の頂上でたった一人、何日も過ごしたこともあるという。奥地での調査は、米国カリフォルリア州南部で育った彼が子どもの頃に夢中になった探検の延長のようなものだった。丘を歩き回り、トカゲやタランチュラを探した。本人の言葉を借りれば「雄大な自然を感じる小さな体験」を求めていたという。

 そのときと同じ気持ちに導かれ、今回もこの奥地にやって来た。今では体重129キロで、密林を歩くにはいささか太り過ぎだが、尽きせぬ探究心は変わらないと、彼は言う。大丈夫、すぐに自分のリズムをつかめるよ、と。

 そうは言っても、群れ飛ぶ虫につきまとわれ、降り続ける雨にぬれそぼち、うっかりすると沼地に足をとられて、ずるずる体が沈みかねない密林を歩き続ければ、どんなに頑健でも体力を消耗する。出発から1週間、枝葉を切り払いながら森を進み、行く手に次々に現れる川を渡るうちに、ブルースが日に日に弱っていくことに、調査隊の誰もが気づいていた。ギアナ高地の未開の森は、体力が落ちた70代の老人がおいそれと入り込める場所ではないのだ。

調査隊のカヌーにガイドが乗り込み、からみ合う倒木を避けながら、ククイ川とアタロ川を進む。こうしてガイアナの多雨林の奥深くを目指した。(PHOTOGRAPH BY RENAN OZTURK)
調査隊のカヌーにガイドが乗り込み、からみ合う倒木を避けながら、ククイ川とアタロ川を進む。こうしてガイアナの多雨林の奥深くを目指した。(PHOTOGRAPH BY RENAN OZTURK)

 もっとも、ブルースとともに過去3回、この地域に調査に入った私の経験から言えば、彼は旅の途中でみるみる元気になることがある。

 ここはアマゾンの多雨林の北端にある「パイクワ川流域」と呼ばれる地域で、生物多様性に富むが、絶滅が危惧される種が多い、いわゆる「ホットスポット」だ。ブルースの主な研究対象はカエル。そして地球上にカエルの楽園があるとすれば、ここはまさにその名にふさわしい。

 カエルは世界中のどんな生態系でも重要な役割を担っているが、この地域のような赤道直下の多雨林ほどカエルが古くから生息してきた場所はほかにはない。この地域のカエルたちは、気の遠くなるような長い時間をかけて、独自の進化を遂げてきた。おかげで、それぞれの生息環境に驚くほど巧みに適応し、形も大きさも体色も実に多様な種が生まれた。

 アマゾン盆地だけでも1000種を超える両生類が見つかっている。この地域のカエルの研究が、新しいタイプの抗生物質や鎮痛剤など、画期的な新薬の開発に役立った事例は多くあり、がんやアルツハイマー病の治療薬の開発につながることも期待されている。

 現在知られているカエルの種は、世界中にいる多様な種のごく一部にすぎないと考えられている。その一方で、既知の種はどんどん姿を消している。1970年代以降、最大で200種のカエルが絶滅したとの推定もあり、多くの種が発見されないうちに絶滅するのではないかと、ブルースら生物学者たちは懸念している。

次ページ:ガラパゴス諸島のような「テプイ」

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の
定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2022年4月号

南米ギアナ高地 最後の秘境へ/海底の奴隷船を探して/ガーナ 海に生きる人々/不思議なタツノオトシゴ/美しい鳴き声ゆえに

35年にわたり新種を探してきた79歳の研究者が、南米ガイアナの密林で最後の調査に挑戦。彼が目指したのは人を寄せつけない断崖絶壁でした。特集「南米ギアナ高地 最後の秘境へ」で詳しくレポートします。このほか、「海底の奴隷船を探して」「不思議なタツノオトシゴ」など5本の特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誌面で読む