小惑星衝突「恐竜絶滅の日」に新事実、1600km先のガスが155℃に

6600万年前に地球に衝突した小惑星は、地球の生命の運命を永久に変えてしまった。最新の研究で、この時に形成された「火山豆石」を分析した結果、衝突地点から放出された塵とガスがどれくらいの温度に達していたかが明らかになった。(ILLUSTRATION BY DETLEV VAN RAVENSWAAY, SCIENCE SOURCE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー