海藻を抜いたらサンゴ礁が回復した、豪で研究成果

海水温上昇のストレスから生き延びたグレート・バリア・リーフのサンゴ礁で、コウイカが泳ぐ。健全なサンゴ礁では海藻の成長が適度に抑えられるが、水質が汚染し、海水温が上昇すると、サンゴが衰弱して、海藻がサンゴに取って代わることがある。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー