外来ニシキヘビの卵を食べるボブキャット、初めて撮影、米国

争う様子の写真も初、激増する外来種への適応を専門家らは歓迎

2022.03.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米フロリダ州フォートローダーデールにあるエバーグレーズ・ホリデーパークのビルマニシキヘビ。ボブキャットがこの外来ヘビの巣を荒らすことが新たに確認され、好ましい兆候とされている。(PHOTOGRAPH BY RHONA WISE, AFP, GETTY IMAGES)
米フロリダ州フォートローダーデールにあるエバーグレーズ・ホリデーパークのビルマニシキヘビ。ボブキャットがこの外来ヘビの巣を荒らすことが新たに確認され、好ましい兆候とされている。(PHOTOGRAPH BY RHONA WISE, AFP, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国のフロリダ州南部で、在来動物のボブキャット(Lynx rufus)が外来種であるビルマニシキヘビ(Python bivittatus)の巣を荒らし、卵を食べる様子が自動カメラで初めてとらえられた。一連の写真は、州南部に広がる湿地帯「エバーグレーズ」にあるビッグサイプレス国立野生保護区で2021年6月に撮影された。

 この数十年間、フロリダ州南部では外来種のビルマニシキヘビが激増しており、特にエバーグレーズで顕著だ。だが、ビルマニシキヘビは非常に見つかりにくく、追跡も難しいため、詳しい行動や生態系への影響の全体像はいまだ明らかになっていない。(参考記事:「フロリダ最大のヘビは外来種ニシキヘビ」

 今回撮影された写真は、エバーグレーズの在来動物が外来種に「反撃」している様子を目に見える形でとらえた初めての記録でもある。

2021年6月、フロリダ州のビッグサイプレス国立野生保護区で、ビルマニシキヘビの巣を見つけたボブキャット。当時、ヘビは巣を離れていた。自動カメラで撮影。(PHOTOGRAPH COURTESY OF U.S. GEOLOGICAL SURVEY)
2021年6月、フロリダ州のビッグサイプレス国立野生保護区で、ビルマニシキヘビの巣を見つけたボブキャット。当時、ヘビは巣を離れていた。自動カメラで撮影。(PHOTOGRAPH COURTESY OF U.S. GEOLOGICAL SURVEY)
[画像のクリックで拡大表示]
ボブキャットがニシキヘビの卵に近づいて食べる。米国の在来種としては初めて撮影された行動。(PHOTOGRAPH COURTESY OF U.S. GEOLOGICAL SURVEY)
ボブキャットがニシキヘビの卵に近づいて食べる。米国の在来種としては初めて撮影された行動。(PHOTOGRAPH COURTESY OF U.S. GEOLOGICAL SURVEY)
[画像のクリックで拡大表示]

 このオスのボブキャットは、たまたま無防備だったビルマニシキベビの巣を見つけ、興味深そうに匂いを嗅ぐと、数個の卵を食べ、数十個を踏みつけた。そして、次回のために取っておこうと、落ちていた枝などで巣を覆い隠して立ち去った。

 しばらくしてボブキャットはこの巣を再訪するが、あいにく巣に戻っていたヘビと鉢合わせしてしまった。写真からは、全長4メートル強、体重約40キロのメスのビルマニシキヘビが攻撃の構えを取り、体重9キロのボブキャットに飛びかかったことがわかる。ボブキャットはかみつかれたかもしれない。ボブキャットも負けじとヘビにパンチを繰り出した。

ボブキャットがビルマニシキヘビの巣を再訪すると、今度はヘビが卵を守っていた。(PHOTOGRAPH COURTESY OF U.S. GEOLOGICAL SURVEY)
ボブキャットがビルマニシキヘビの巣を再訪すると、今度はヘビが卵を守っていた。(PHOTOGRAPH COURTESY OF U.S. GEOLOGICAL SURVEY)
[画像のクリックで拡大表示]

 ボブキャットが爬虫類の卵を捕食することは知られていたが、ビルマニシキヘビの卵を食べることは今まで確認されていなかった。また、ボブキャットとビルマニシキヘビが争う様子が記録されたのも、今回が初めてだ。

次ページ:【動画】ボブキャットとビルマニシキヘビのやりとり

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ひそやかなネコ

小型野生ネコの姿

ヤマネコやマヌルネコ、サーバルといった小型の野生ネコは、驚異的な適応力を発揮して、砂漠や雨林、都市の公園など、さまざまな環境で生きている。ネコたちの実情を、写真家ジョエル・サートレイによる、ポートレートのように美しい写真とともに解説する。

価格:330円(税込)

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 消えゆく動物

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

今まさに、地球から消えた動物がいるかもしれない。「フォト・アーク」シリーズ第3弾写真集。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,960円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加