ジュラ紀の翼竜の新種を発見、アホウドリ大、当時としては最大級

翼竜の多様化はジュラ紀に始まっていた、英スコットランド

2022.02.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英スコットランド、スカイ島の海岸で、新たな翼竜化石が発見された。翼開長(翼を広げた長さ)は2.5メートル以上と推定されている。骨格から、この翼竜は死亡時にまだ発育途上だったとみられる。(ILLUSTRATION BY NATALIA JAGIELSKA)
英スコットランド、スカイ島の海岸で、新たな翼竜化石が発見された。翼開長(翼を広げた長さ)は2.5メートル以上と推定されている。骨格から、この翼竜は死亡時にまだ発育途上だったとみられる。(ILLUSTRATION BY NATALIA JAGIELSKA)
[画像のクリックで拡大表示]

 太古の空飛ぶ爬虫類である翼竜は、思いのほか早く巨大化の道を歩み始めていたのかもしれない。そんなことを示唆する新種の翼竜化石が、英スコットランドで発見された、2月22日付で学術誌「Current Biology」に発表された。

 およそ1億6700万年前、現在のスカイ島の浅い海の上空を、アホウドリくらいの大きさの翼竜が飛んでいた。眼下の海岸では、恐竜たちが闊歩していた時代だ。この翼竜は何らかの理由で息絶えたのだろう。2017年、荒波が打ち寄せるスカイ島の海岸で、非常に保存状態の良いその化石が偶然見つかった。

 この新種の翼竜は、Dearc sgiathanach(ジャーク・スキアンアックと発音)と命名された。論文によると、化石は頭蓋骨、四肢骨、尾、肋骨、脊椎骨に損傷がなく、きわめて良好な状態だという。

「化石を記述する際は『大腿骨のかけら、クチバシの小片』といった具合になりがちなのですが、ジャークの場合は幸運なことに保存状態がきわめて良いです」と、論文の筆頭著者で、英エディンバラ大学の博士課程に在籍する古生物学者ナタリア・ジャギエルスカ氏は語る。

 ジャギエルスカ氏のチームは、状態の良いジュラ紀(2億500万年前~1億4500万年前)の翼竜化石としては、ジャークが最大だと主張している。

 現代の鳥類と同様に、翼竜の大きさは、翼開長(広げた両翼の長さ)で示すのが一般的だ。もっと後の時代の翼竜は、世界の他の地域でも発見されており、なかでも、白亜紀(1億4500万年前から6600万年前まで)の巨大なケツァルコアトルスは、翼開長が10メートル以上もある。(参考記事:「史上最大の翼竜、こんなに頭が大きかった」

 一方、ジャークが生きていたのはジュラ紀中期。この時代の化石は数が少ないため、ジャークが発見されるまで、翼開長が1.8メートルを超える翼竜の痕跡はほとんど見つかっていなかった。今回、研究者はジャークの翼開長を2.5メートル以上と推定している。つまり、現代で最も翼の大きな鳥、アホウドリと同じくらいとなる。

「おそらく、メアリー・アニング(1828年にディモルフォドンという翼竜を発見した英国の古生物学者)の時代以降、英国で発見された最上の化石だと思います」と、今回の論文の著者の一人で、エディンバラ大学の古生物学者スティーブ・ブルサット氏は語る。氏は、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもある。(参考記事:「巨大翼竜は飛べなかった? 島で独自に進化か」

次ページ:岩から突き出した物体は翼竜のあごだった

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ダーウィンが来た! 生命大進化 第2集 現生動物への道が開かれた (中生代 ジュラ紀~新生代)

生命がどのように生まれ、時代を生き抜き、進化したのかを圧倒的なビジュアルとともに見る、壮大な進化のドラマ。第2集「現生動物への道が開かれた」では、中生代 ジュラ紀から新生代までを網羅。

定価:1,980円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加