ジュラ紀の翼竜の新種を発見、アホウドリ大、当時としては最大級

英スコットランド、スカイ島の海岸で、新たな翼竜化石が発見された。翼開長(翼を広げた長さ)は2.5メートル以上と推定されている。骨格から、この翼竜は死亡時にまだ発育途上だったとみられる。(ILLUSTRATION BY NATALIA JAGIELSKA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー