恐竜絶滅は春に始まった、小惑星衝突の季節をついに特定、研究

約6600万年前、直径10キロメートルほどの小惑星の衝突によって引き起こされた大地震は、現在の米国ノースダコタ州にあった川を泳いでいた魚の群れを土に埋めた。この魚の化石を詳細に分析した結果、小惑星が衝突したときの北半球は春だった可能性が高いことが明らかになった。(ILLUSTRATION BY JOSCHUA KNÜPPE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー