巨大な捕虫用の仕掛けの前で、虫の羽音を聞く若者。強力な光に引き寄せられたセネネは、煙で動きが鈍り、金属板に当たってドラム缶の中に落ちる。セネネはスナックとして人気だが、需要の拡大と生息地の消失により数が減少している。(PHOTOGRAPH BY JASPER DOEST)
巨大な捕虫用の仕掛けの前で、虫の羽音を聞く若者。強力な光に引き寄せられたセネネは、煙で動きが鈍り、金属板に当たってドラム缶の中に落ちる。セネネはスナックとして人気だが、需要の拡大と生息地の消失により数が減少している。(PHOTOGRAPH BY JASPER DOEST)
この記事は雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2022年3月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。

食用の昆虫を捕まえ、ウガンダの市場に重要なタンパク源を供給している人々がいる。だが、乱獲と気候変動が、この“未来の食料源”を脅かすことになるかもしれない。

 ある寒い夜、ウガンダ南西部の丘の上には強風が吹いていた。

 捕虫用に仕掛けた大きな金属板が、がたがたと風に揺れる。発電機が大きな音を立てて、仕掛けの中央にある400ワットの電球を光らせていた。目がくらむほどの光量だが、この光が食用の昆虫を引き寄せる。ウガンダでは現地の言葉で「セネネ」(バッタの意味)と呼ばれる、キリギリス科の仲間(Ruspolia differens)だ。

ウガンダの送電網が拡大したことで、大規模な仕掛けも増えた。使用する電球は、家庭用の電球の約20倍も強力な1200ワットにすることも可能だ。強い光は多くのセネネを引き寄せるが、人間の目を傷つける危険がある。(PHOTOGRAPH BY JASPER DOEST)
ウガンダの送電網が拡大したことで、大規模な仕掛けも増えた。使用する電球は、家庭用の電球の約20倍も強力な1200ワットにすることも可能だ。強い光は多くのセネネを引き寄せるが、人間の目を傷つける危険がある。(PHOTOGRAPH BY JASPER DOEST)

 金属板の下に置かれた数十個のドラム缶は空のままだった。だが、地元のセネネ捕獲者団体の代表を務めるキグンドゥ・イスラムによると、ドラム缶は体長8センチほどの昆虫でいっぱいになるだろうという。

 毎年、春と秋の雨期が終わると、セネネの大群が繁殖と採食のためにやって来る。その時期には大勢の人が野外に出て、捕獲にいそしむ。塩味でいためたセネネは、ウガンダならではの珍味だ。1袋200円ほどで野外の市場やタクシー乗り場、道端などで売られている。

 2020年11月、南西部のハルゴンゴを訪れた。本来なら秋の捕獲期の真っただ中だ。言い伝えによると、セネネは月から来るとされ、その夜は満月だった。だが「全然、捕れませんね」と、イスラムは言う。「どこに行ってしまったんだろう?」

次ページ:セネネの需要はなぜ増大したのか

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者*のみ、ご利用いただけます。

*定期購読者:年間購読、電子版月ぎめ、日経読者割引サービスをご利用中の方になります。

おすすめ関連書籍

2022年3月号

冬が消えるアルプス/スーダンの未来/インドのビッグ・キャット/愛する土地を守る/空飛ぶタンパク源

世界で大型ネコ科動物の危機が叫ばれるなか、インドではトラやヒョウが増えています。何が起きているのか、特集「インドのビッグ・キャット」でレポートします。このほか、地域の経済を支えてきた降雪が激減し、岐路に立つ「冬が消えるアルプス」、アフリカの昆虫食「空飛ぶタンパク源」など5本の特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)