フロリダマナティーが次々に死亡、「寒さか飢えか」の極限状態

藻に覆われたマナティーの肋骨。インディアンリバー・ラグーンに浮かぶメリット島の海岸沿いで撮影。フロリダ州では2021年、1100頭以上のマナティーが命を落としたが、そのほとんどが全長約250キロのインディアンリバー・ラグーンで確認された。2022年に入ってからも100頭近くの死が報告されている。(PHOTOGRAPH BY JASON GULLEY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー