チークの木の枝に寝そべる黒いヒョウ。クロヒョウと呼ばれることもあるが、ヒョウの黒変種で、体の表面には、うっすらと斑紋が見える。(PHOTOGRAPH BY SHAAZ JUNG)
チークの木の枝に寝そべる黒いヒョウ。クロヒョウと呼ばれることもあるが、ヒョウの黒変種で、体の表面には、うっすらと斑紋が見える。(PHOTOGRAPH BY SHAAZ JUNG)
この記事は雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2022年3月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。

インドのナガラホール・トラ保護区では保護活動が成果を上げ、トラやヒョウの個体数が回復している。

 インド南西部のカルナータカ州にあるナガラホール・トラ保護区は、青々と茂る森に霧が立ち込め、神秘的な雰囲気が漂っている。

 インドゾウが低木や木の葉を食べながら、ゆったりと木々の間を進んでいき、巨大な耳がリズミカルにはためく。泥道の先の草地では、「インドヤギュウ」とも呼ばれる野生のガウルが、こちらには目もくれずに草をはんでいる。

 私たちは、この森のロッジに12年住んでいる写真家のシャーズ・ジャンの案内で車を走らせ、アクシスジカの群れのそばで止まった。青くきらめくような一羽のカワセミが木から木へと飛び回っている。霧の中に日が差し込んできた。遠くでシカの鳴き声が響き渡り、静寂を破る。近くに捕食者が潜んでいることを知らせる合図だ。

夏の数カ月間、カビーニ川の水量が減って辺り一帯が草地に変わると、アクシスジカなどの動物が草を食べに集まってくる。大型ネコ科動物にとっては、獲物が豊富にいる格好の狩り場だ。(PHOTOGRAPH BY SHAAZ JUNG)
夏の数カ月間、カビーニ川の水量が減って辺り一帯が草地に変わると、アクシスジカなどの動物が草を食べに集まってくる。大型ネコ科動物にとっては、獲物が豊富にいる格好の狩り場だ。(PHOTOGRAPH BY SHAAZ JUNG)

 ナガラホールでは、このように警戒を呼びかけるシカの鳴き声を耳にすることが多くなった。ベンガルトラやインドヒョウの個体数が増えているのだ。こうしたビッグ・キャット、大型ネコ科動物を一目見ようと、この保護区には観光客が押し寄せる。なかでも、しばしば目撃される黒いヒョウは、特に人気がある。「クロヒョウ」と呼ばれることもある黒いヒョウは、遺伝子変異により毛色が黒くなった個体だ。

 848平方キロの保護区のうち、観光客が入れる区域は10分の1未満だ。観光区域の南端にはカビーニ川が流れ、川沿いに低木や背の高い草が茂る。川向こうには草地や小川、深い森があり、トラとヒョウが共存するのに最適の環境だ。トラは下生えの中を歩き回り、ヒョウはトラに襲われる危険のない木の上で過ごす。

危険がないか周囲を見渡す、ヒョウと黒いヒョウ。木に登ることで、強さではかなわないトラとの対決を避けられる。ヒョウは日中、地面から離れた高い枝の上で寝ていることが多い。夜になると木から下りて狩りをする。仕留めた獲物を、死肉をあさる動物から守るため、木の上に引き上げることもできる。(PHOTOGRAPH BY SHAAZ JUNG)

次ページ:会える確率が大幅に上昇

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者*のみ、ご利用いただけます。

*定期購読者:年間購読、電子版月ぎめ、日経読者割引サービスをご利用中の方になります。

おすすめ関連書籍

2022年3月号

冬が消えるアルプス/スーダンの未来/インドのビッグ・キャット/愛する土地を守る/空飛ぶタンパク源

世界で大型ネコ科動物の危機が叫ばれるなか、インドではトラやヒョウが増えています。何が起きているのか、特集「インドのビッグ・キャット」でレポートします。このほか、地域の経済を支えてきた降雪が激減し、岐路に立つ「冬が消えるアルプス」、アフリカの昆虫食「空飛ぶタンパク源」など5本の特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)