謎の「串刺し人骨」、500年前のペルーで量産された理由

スペイン占領下のペルーでは、先住民の墓地が略奪され、「価値がない」とされた骨はまき散らされた。祖先の遺骨を「復元」することで、人々は死者の身体的完全性を守ろうとしたと研究者は考えている。(PHOTOGRAPH BY BY J.L. BONGERS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー