世界遺産の森を破壊する国境の壁、ポーランドが建設開始

41歳のイラク人移民の男性。2021年11月にポーランドのミレイツィチェ近郊の森でボランティアグループに発見され、国境警備隊に国際的な保護を求めた。こうした移民の大半はベラルーシに強制送還されている。(PHOTOGRAPH BY LUKASZ GLOWALA, REUTERS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー