安全な母親の口の中に競って飛び込むハプロタクソドン・ミクロレピスの稚魚。シクリッドの多くの種と同じく、この種も口内保育をする。親は雄も雌も稚魚を口に入れて運び、食事をさせるときは外に出し、危険があればすぐに口に入れて隠す。(PHOTOGRAPH BY ANGEL FITOR)
安全な母親の口の中に競って飛び込むハプロタクソドン・ミクロレピスの稚魚。シクリッドの多くの種と同じく、この種も口内保育をする。親は雄も雌も稚魚を口に入れて運び、食事をさせるときは外に出し、危険があればすぐに口に入れて隠す。(PHOTOGRAPH BY ANGEL FITOR)
この記事は雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2022年2月号に掲載された特集です。定期購読者の方のみすべてお読みいただけます。

アフリカ最古の湖に生息する魚、シクリッドの多様性が、生物の進化の謎を解く手がかりになるかもしれない。

 カワスズメ科の魚類であるシクリッドに関しては、何もかも並外れたことばかりだ。

 中部アフリカと東アフリカの境に位置するタンガニーカ湖に生息する種だけでも、970万年の間に、単一の祖先からおよそ250もの種が進化したと考えられている。

 そのなかには人間の幼児ほどの体長になる種も、小指ほどの長さしかない種もある。砂地に手の込んだ“舞台”を作って繁殖相手を引きつける種もあれば、ハーレムを形成する種もある。彼らの多くは子の面倒をよく見るが、時には自分の卵を食べてしまうことも。シクリッドは爆発的な多様化を遂げ、タンガニーカ湖内のほぼあらゆる環境に適応してきた。

無数の稚魚を見守るボウレンゲロクロミス・ミクロレピス。クーへとも呼ばれる。成魚は体長80センチになることもあり、タンガニーカ湖に250種近く生息するシクリッドの固有種のなかで最大だ。(PHOTOGRAPH BY ANGEL FITOR)
無数の稚魚を見守るボウレンゲロクロミス・ミクロレピス。クーへとも呼ばれる。成魚は体長80センチになることもあり、タンガニーカ湖に250種近く生息するシクリッドの固有種のなかで最大だ。(PHOTOGRAPH BY ANGEL FITOR)

次ページ:進化の謎を解く手がかり

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2022年2月号

ノートルダム 再建への道のり/冬のK2に挑む/巧みに適応した魚/誇り高きカウボーイたち/農作物のミクロの世界

ノートルダム大聖堂の大火災から3年。2024年の再建を目指して修復が進むなか、ナショジオは現場への立ち入りを特別に許され、作業に携わる人々の懸命な姿をレポートします。このほか、2月号ではネパール人だけの登山隊が偉業を遂げた「冬のK2に挑む」、シクリッドの多様な世界をのぞく「巧みに適応した魚」などの特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)