14世紀の征服者ティムール(タメルラン)が建てたビービー・ハーヌム・モスクの前を歩く少年。このモスクは、ウズベキスタンの古都サマルカンドにある他の歴史的建造物とともに、最善の保存方法をめぐって学者、地元住民、行政機関の間で論争の的となっている。(PHOTOGRAPH BY BERT DE RUITER, ALAMY STOCK PHOTO)
14世紀の征服者ティムール(タメルラン)が建てたビービー・ハーヌム・モスクの前を歩く少年。このモスクは、ウズベキスタンの古都サマルカンドにある他の歴史的建造物とともに、最善の保存方法をめぐって学者、地元住民、行政機関の間で論争の的となっている。(PHOTOGRAPH BY BERT DE RUITER, ALAMY STOCK PHOTO)

 ターコイズブルーのドームと、輝く壁面。ウズベキスタンの古都サマルカンドのビービー・ハーヌム・モスクは、かつての富と栄光を今に伝える大記念碑だ。ロマン、美、信仰。一見したところ、この有名なシルクロードの街の歴史を垣間見たいと願う観光客が求めるもののすべてがある。

 15世紀初頭に建てられたこのモスクは、1405年に亡くなるまでアジアの広大な地域を征服した武将ティムール(西洋ではタメルランと呼ばれる)の妻にちなんで名づけられた。ドームの下では、精巧な装飾文字が巨大な門を飾り、高くそびえる壁には紺碧(こんぺき)と金色のタイルが敷き詰められている。

 だが見かけとは裏腹に、必ずしもすべてが古いわけではない。2つの有名な青いドームのうち、1つはかつて完全に崩壊し、もう1つは卵のように割れた。今のドームは大規模に再建されたものだ。装飾文字の一部は20世紀後半に書かれ、新しいタイルが貼られた壁は、中世の模様の再現とは言えないモダンなデザインだ。壁すらも昔の面影はない。実際よりも現代風の修復がなされ、高さもかなり増している。

1910年頃、サマルカンドの市場に集まる人々。背景には、1897年の地震で半壊したビービー・ハーヌム・モスクの跡がある。(PHOTOGRAPH BY ROGER VIOLLET, GETTY IMAGES)
1910年頃、サマルカンドの市場に集まる人々。背景には、1897年の地震で半壊したビービー・ハーヌム・モスクの跡がある。(PHOTOGRAPH BY ROGER VIOLLET, GETTY IMAGES)
ビービー・ハーヌム・モスクの入り口を飾る、複雑な幾何学模様に並べられた伝統的な陶製タイルは、建物の改修の際に複製されたものだ。(PHOTOGRAPH BY MEL LONGHURST, VWPICS/REDUX)
ビービー・ハーヌム・モスクの入り口を飾る、複雑な幾何学模様に並べられた伝統的な陶製タイルは、建物の改修の際に複製されたものだ。(PHOTOGRAPH BY MEL LONGHURST, VWPICS/REDUX)

 このモスクをはじめ、サマルカンドにある多くの歴史的建造物は、観光客、地元住民、学者、政府、国際機関の間で、長年にわたって多くの議論の火種になってきた。遺跡を守り、観光収入を確保するために、修復は必要だと言う人もいる。一方で、元の構造を損傷するうえ、保存に値しないと判断された周囲の建物の取り壊しを伴う軽率な修復に反対する声もある。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は「文化の交差点」と呼ばれるサマルカンドをはじめ、ウズベキスタンの様々な場所を世界遺産に認定している。一方で、こうした再建工事を繰り返し批判してもいる。

 論争は何十年も続いてきたが、最近は変化が起きつつある。サマルカンドの歴史を持続的な方法で保存していこうという、より協調的な取り組みが始まっているのだ。

次ページ:シルクロードのロマンと修復の現実

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

消滅遺産

もう見られない世界の偉大な建造物

現地へ行っても残っていない、失われてしまった姿を写真で見る。世界から消えても、記録は残った。

定価:2,640円(税込)

おすすめ関連書籍

2018年1月号

鳥ははぜ大切なのか?/羽ばたきの軌跡/耕す人/コロンビアの平和/精霊が宿るシルクロードを行く/幼い難民たち

2018年は「鳥」をテーマにさまざまな特集をお届けします!1月号では「鳥はなぜ大切なのか?」、シリーズ『人類の旅路を歩く』の6回目「精霊が宿るシルクロードを行く」など特集6本を掲載!

定価:1,029円(税込)