旧石器時代の謎の女性像「ビーナス」、何のために作られた?

ヨーロッパやアジアで約200点が出土、儀式の道具それとも玩具か

2022.01.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旧石器時代の女性像は、ヨーロッパと西アジアで200体以上が見つかっている。写真はイタリア北部のバルツィ・ロッシ洞窟で見つかった13体の「グリマルディのビーナス」の1つ。2万4000年前の像と見られ、高さはわずか6センチだ。(SCALA, FLORENCE)
旧石器時代の女性像は、ヨーロッパと西アジアで200体以上が見つかっている。写真はイタリア北部のバルツィ・ロッシ洞窟で見つかった13体の「グリマルディのビーナス」の1つ。2万4000年前の像と見られ、高さはわずか6センチだ。(SCALA, FLORENCE)

 女性の姿は、いつの世でも芸術家にとってお気に入りの題材だ。それは、旧石器時代でも同じだった。

 ヨーロッパやアジアでは、旧石器時代の女性像が数多く出土しており、一般に「ビーナス像」と呼ばれている。美しく彫り込まれた紀元前2世紀のミロのビーナスに比べれば粗削りかもしれない。胸、腹、尻などが大きく誇張され、顔立ちに際立った特徴がないことが多い。

 これらの彫像は、女性をかたどる芸術の長い歴史の始まりだった。

形と大きさ

「ルナンクールのビーナス」は、2019年にフランスのアミアンで発見された。後期旧石器時代のグラベット文化の作品で、2万3000年前に白亜(石灰岩)から彫刻された。高さは3.8センチだ。(STÉPHANE LANCELOT, INRAP)
「ルナンクールのビーナス」は、2019年にフランスのアミアンで発見された。後期旧石器時代のグラベット文化の作品で、2万3000年前に白亜(石灰岩)から彫刻された。高さは3.8センチだ。(STÉPHANE LANCELOT, INRAP)

 人類は約8万年前に芸術を生んだが、最初の題材は人間ではなく、抽象的な幾何学模様のようなものから始まった。やがて身近な世界をより写実的に表現するようになった人類は、フランス南東部のショーベ洞窟の壁画のように、馬やオーロックス(絶滅した野牛)などの動物を最も好んで描いた。(参考記事:「世界最古の絵画? 7万3000年前の石に描かれた模様」

 人間をかたどった作品が登場するのは、旧石器時代の4万年前から3万年前にかけてのこと。現在まで残る作品は少ないが、男性よりも女性の形をしたものの方が多い。西ヨーロッパ(ピレネー地域、フランス南西部、イタリアに集中)、中央ヨーロッパ(特にライン川、ドナウ川流域)、東ヨーロッパ・アジア(ロシア南部、東はシベリアまで)にかけて約200点のビーナス像が発見されている。

 石や骨から彫られたもの、粘土で作られたものなど、素材は様々だが、最大の特徴はそのサイズだ。どれも高さ5~25センチほどと小さく、遊牧生活をしながら持ち運ぶのに便利だった。

 ビーナス像の顔はたいてい、眉、目、鼻、口がはっきりせず、中には卵のように滑らかなものもある。目鼻などがあるものでも、特定の女性ではなく、漠然とした女性一般を表現したものではないかと考えられている。

最古のビーナス
ドイツ南部のホーレ・フェルス洞窟(右)で発見された最古のビーナス像(左)。象牙でできており、3万5000年前のものと推定される。ドイツ、ブラウボイレン先史博物館収蔵。(DUKAS PRESSEAGENTUR GMBH/ALAMY (LEFT) AND ALAMY/ACI (RIGHT))

 この時代の像がもつもう一つの特徴は、多くが裸体であることだ。それも、控えめではなく、直接的で露骨な裸体表現だ。なかにはネックレスや頭巾、ベルト、ブレスレットなど、最小限の装飾を施しているものもある。胸、腰、腹は丸みを帯びて突き出ているが、体形はスリムなものから曲線的なものまで様々だ。

 これまでに発見されている最も古いビーナス像は、ドイツのホーレ・フェルス洞窟で出土した約3万5000年前の女性像だ。高さは約7センチしかない。一方、最も新しいものは約1万4000年前に作られた。これほど長きにわたって作られたという事実は、こうした女性像が先史時代の人々にとって非常に長い間重要であったことを示している。(参考記事:「人類はいつアートを発明したか?」

石器時代のファッション
1983年、ドン川沿いのロシア、コステンキ遺跡で発見された石灰岩の像。2万3000〜2万1000年前のグラベット文化期に作られたと推定され、高さは約10センチとやはり小さい。体形や頭の造形などは1908年に発見された「ウィレンドルフのビーナス」と似ており、どちらも顔料のレッドオーカーで塗られていた。上半身にはバンドやベルト、前腕と手首にはブレスレットなど、様々な装飾品を身に着けている。(ERICH LESSING/ALBUM)

次ページ:19世紀の発見、「ビーナス」の由来

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

人類史マップ

サピエンス誕生・危機・拡散の全記録

人類がどのように生まれ、危機の時代を過ごし、世界各地へ拡散していったのかを、様々な考古学的データをもとに再現。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,520円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加