【関連ギャラリー】1100万年以上前の熱帯雨林の化石を発見、驚きの保存状態 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
【関連ギャラリー】1100万年以上前の熱帯雨林の化石を発見、驚きの保存状態 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
この珍しい花の化石は、ハイビスカスやカカオなど7000種以上の現生植物が属するアオイ目の仲間であると考えられている。(MICHAEL FRESE)

 この湖における針鉄鉱のサイクルが季節的なモンスーンによって引き起こされた可能性があると、研究チームは考えている。マグラス・フラットでこれまで発見された花の化石は、ほとんどが開花前のものであることから、毎年同じ時期にこの現象が起こっていただろうと見ている。また、現代の生態系では春と夏にしか見られない昆虫の化石も多く見つかっている。

 マカリー氏とフリース氏は、マグラス・フラットの推定年代をさらに細分化しようとしている。そうすれば、熱帯雨林だったマグラス・フラットがどのようにして今のような乾燥した灌木地に変化していったのかを理解し、さらに現代の世界にある熱帯雨林が、この先気候変動にどう反応するかについても手がかりが得られるかもしれない。

ギャラリー:太古のオーストラリア、熱帯雨林に暮らした生物たちの化石、驚きの保存状態 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:太古のオーストラリア、熱帯雨林に暮らした生物たちの化石、驚きの保存状態 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
Cingulasporites ornatusというコケ類の胞子4粒を走査電子顕微鏡で撮影し、人工的に着色した画像。こうした胞子は、化石が含まれている石の年代を知るうえで参考となる。この写真の胞子が含まれていた化石層の年代は、1600万~1100万年前と推定されている。(MICHAEL FRESE)

過去から未来へ

 中新世の初期から中期にかけて、大気中の二酸化炭素の濃度はおよそ400~500ppm(1ppmは100万分の1)だった。これは、近い将来、人間活動によってもたらされると推定される二酸化炭素濃度の値に近い。また、中新世は長い間温暖な気候が続いていた時期だった。特に1700万~1400万年前の中新世中期は最も暖かく、ちょうどマグラス・フラットの化石の時代がこの期間に含まれていた可能性がある。(参考記事:「1500万年前の南極、海辺には草木」

 中国科学院の古生物学者である王波氏は、今回の研究には参加していないが、次のように述べている。「今回の論文は、現代の地球温暖化に直面している熱帯雨林の生態系が、これからどのように変化していくのかを理解する助けになるかもしれません。論文によると、オーストラリアでは熱帯の生物相が少なくとも南緯37度まで達していたようですが、それがいつ現れ、いつ消えたのか、なぜそうなったのかまではわかっていません」

 その変化についてさらに詳しく調べるために、マカリー氏とフリース氏は、マグラス・フラットでの発掘調査を続ける。「鳥の羽が非常に良い状態で化石化することはわかりましたが、鳥の体全体の化石も見つけたいです。きっと、それも保存状態がかなりいいはずです」

 しかし、既に発見されている化石に関してだけでも、研究することは山ほどある。「この先10年は、研究対象に困ることはないでしょう」と、マカリー氏は言う。

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ダーウィンが来た! 生命大進化 第2集 現生動物への道が開かれた (中生代 ジュラ紀~新生代)

生命がどのように生まれ、時代を生き抜き、進化したのかを圧倒的なビジュアルとともに見る、壮大な進化のドラマ。第2集「現生動物への道が開かれた」では、中生代 ジュラ紀から新生代までを網羅。

定価:1,980円(税込)

文=MICHAEL GRESHKO/訳=ルーバー荒井ハンナ