オーストラリア南東部で発見された1600万~1100万年前のハバチの化石。その頭には、まだ花粉がついていた。(MICHAEL FRESE)
オーストラリア南東部で発見された1600万~1100万年前のハバチの化石。その頭には、まだ花粉がついていた。(MICHAEL FRESE)

 数年前のこと。オーストラリア南東部に住むナイジェル・マグラスさんが自身の土地を耕そうとしている最中、木の葉の化石を発見した。それはまるで本に挟んだ押し葉のように、細かい部分まできれいに保存されていた。

 最近になって、サッカーグラウンドの半分もないその土地に、驚くほど状態の良い中新世(2303万年前~533万年前)の化石が大量に保存されていたことが明らかになった。

 2022年1月7日付で学術誌「Science Advances」に発表された論文によると、ここマグラス・フラットは、中新世の熱帯雨林の生態系が化石として残る、世界でも珍しい場所だという。この時期、世界の生態系は大きく変化し、オーストラリアもアマゾンのような熱帯雨林から、現在のような乾燥地帯へと移行し始めていた。(参考記事:「絶滅した古代コウモリの新種発見、中新世のNZ」

 オーストラリアではこれまでも中新世の哺乳類や爬虫類の化石が見つかっているが、マグラス・フラットほど、生態系の基礎を成す小さな生物の化石が数多く発見されている場所は他にない。これらの化石は、1600万~1100万年前に、現在のニューサウスウェールズ州を覆っていた熱帯雨林がいかに多様性に富んでいたかを示している。(参考記事:「1億年前の共生かたる希少な化石 二枚貝に隠れたエビ3匹」

 マグラス・フラットでは、クモの足の毛まできれいに保存され、魚は、虫を食べた後お腹を膨らませた状態で化石化していた。木の葉の化石は、二酸化炭素を吸い込んでいた気孔まで確認することができる。(参考記事:「ごみ埋め立て地に眠る、絶滅動物たちの化石」

カニクサ属のシダと思われる葉の一部。電子顕微鏡の下では、直径10ミクロンの気孔まで見ることができる。(MICHAEL FRESE)
カニクサ属のシダと思われる葉の一部。電子顕微鏡の下では、直径10ミクロンの気孔まで見ることができる。(MICHAEL FRESE)

 生き生きとした生命の営みをそのまま切り取ったような化石もあった。頭を花粉だらけにしたハチは、きっと花の蜜を吸ったばかりだったのだろう。ある魚の尾びれには、二枚貝の幼生が寄生していた。この幼生は、川を遡上する魚に寄生し、その粘液を食べて生きていた。

ギャラリー:太古のオーストラリア、熱帯雨林に暮らした生物たちの化石、驚きの保存状態 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:太古のオーストラリア、熱帯雨林に暮らした生物たちの化石、驚きの保存状態 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
体長約2センチのカミキリムシの化石。拡大してみると、線形動物に寄生されていたことがわかる。(MICHAEL FRESE)

次ページ:鉄の湖

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ダーウィンが来た! 生命大進化 第2集 現生動物への道が開かれた (中生代 ジュラ紀~新生代)

生命がどのように生まれ、時代を生き抜き、進化したのかを圧倒的なビジュアルとともに見る、壮大な進化のドラマ。第2集「現生動物への道が開かれた」では、中生代 ジュラ紀から新生代までを網羅。

定価:1,980円(税込)