発掘現場。英国で発掘された巨大な爬虫類の化石は、これまでに見つかった大型魚竜の中でもっとも大きく、もっとも完全に近いもののひとつ。(PHOTOGRAPH BY ANGLIAN WATER)
発掘現場。英国で発掘された巨大な爬虫類の化石は、これまでに見つかった大型魚竜の中でもっとも大きく、もっとも完全に近いもののひとつ。(PHOTOGRAPH BY ANGLIAN WATER)
[画像をタップでギャラリー表示]

大きな体を繰り返し獲得、素早かった大型化

 ベレス・フアルベ氏は、2021年12月24日付けで学術誌「Science」に発表した研究で、今回の化石よりもはるかに古い、また別の巨大な魚竜を紹介している。

 米ネバダ州で発見されたこの魚竜は、キンボスポンディルス・ヨウンゴルム(Cymbospondylus youngorum)と呼ばれる種で、最初の魚竜から約300万年後に現れた。体長が1.8メートルほどしかなかった最初の魚竜とは対照的に、キンボスポンディルス・ヨウンゴルムはこれまでに発見された魚竜の中でもとりわけ大きく、頭骨の長さは1.8メートル以上にもなる。

 300万年というのは長い時間に思えるかもしれないが、陸にすむ小さな祖先から海の大型生物になるまでに約5000万年を費やしたクジラに比べれば、極めて早い進化だったと言える。

 魚竜が巨大な大きさに繰り返し、そして素早く進化できた理由が何だったのかは、まだわかっていない。ベレス・フアルべ氏によると、三畳紀初期の食物網は豊かで比較的安定しており、捕食性爬虫類の食事にちょうどいい無脊椎動物が揃っていたと思われるという。たとえば螺旋状の殻を持つ頭足類アンモナイトは非常に数が多く、それだけでも魚竜の食事の一部を安定して支えられるほどだった。

「前・中期三畳紀は食べ物が非常に豊富であり、それが、魚竜が驚くほど速く進化してあれほどの大きさになれた理由だと考えられます」とベレス・フアルべ氏は言う。

 この時代にはクジラ程度の大きさの魚竜が登場したが、彼らは2億100万年前に起こった、三畳紀の終わりを告げる大量絶滅によって姿を消した。生き残った魚竜は体が小さなものだったが、一部はすぐにもう一度大きな体を獲得した。

「ジュラ紀初期、巨大化した最初の海洋脊椎動物はやはり魚竜でした」とロマックス氏は言う。ラトランドの標本は、この第2波の魚竜の中でもっとも大きく、もっとも完全な骨格だ。三畳紀の魚竜が最大であることは今も変わらないが、「テムノドントサウルスも決して小さくはなかったのです」とベニオン氏は言う。

 今回の標本の歯を見れば、ラトランドの魚竜が何を食べ、ジュラ紀後期の生態系においてどんな役割を果たしていたのかが、より詳しくわかるかもしれないと、ベレス・フアルべ氏は言う。

 相次ぐ巨大魚竜の発見は、英国のようなすでに調べ尽くされている場所でも、さらに多くの例が発見される可能性があることをはっきりと示している。魚竜は地球上で最初の巨大生物であり、彼らについて詳しく知ることは、歴史における海洋生物の役割を理解する助けとなるだろう。

ギャラリー:イラストでよみがえった恐竜・古代生物 12点(写真クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:イラストでよみがえった恐竜・古代生物 12点(写真クリックでギャラリーページへ)
約1億5000万年前のジュラ紀後期に生息していた魚竜、クリオプテリギウス・クリスティアンセナエの交尾を描いた作品。過去10年の間に、北極圏にあるスピッツベルゲン島では海生爬虫類の化石が数多く発掘されており、この魚竜の化石もその中の一つ。「小さな欠片の化石ばかりのなかで、1体だけほぼ完全なものがあったのです」と、ノルウェーの画家、エステル・ヴァン・フルセン氏は言う。(ILLUSTRATION BY ESTHER VAN HULSEN)

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ダーウィンが来た! 生命大進化 第1集 生き物の原型が作られた(古生代~中生代 三畳紀)

古生代、中生代、新生代を俯瞰し、生命がどのように生まれ、時代を生き抜き、進化したのかを圧倒的なビジュアルとともに見る、壮大なドキュメンタリー。第1集「生き物の原型が作られた」では、地球誕生から古生代、中生代 三畳紀までを網羅。

定価:1,980円(税込)

おすすめ関連書籍

ダーウィンが来た! 生命大進化 第2集 現生動物への道が開かれた (中生代 ジュラ紀~新生代)

生命がどのように生まれ、時代を生き抜き、進化したのかを圧倒的なビジュアルとともに見る、壮大な進化のドラマ。第2集「現生動物への道が開かれた」では、中生代 ジュラ紀から新生代までを網羅。

定価:1,980円(税込)

文=RILEY BLACK/訳=北村京子