イラン西部、歴史あるルリスタン地方のケルマンシャー平野には、特徴的な山谷が広がる。(GEORG GERSTER/AGE FOTOSTOCK)
イラン西部、歴史あるルリスタン地方のケルマンシャー平野には、特徴的な山谷が広がる。(GEORG GERSTER/AGE FOTOSTOCK)

 ルリスタン青銅器の年代を特定することができるようになったのは、比較的最近のこと。1965年から1979年にかけて、ベルギーのゲント大学とブリュッセル王立博物館がルリスタン西部で発掘調査を行い、多くの出土品を含む集合墳墓を発見した。地層が無傷だったおかげで、より正確な年代を測定できた。結果として、ルリスタンの青銅器は紀元前11世紀~紀元前7世紀半ば、いわゆる「ルリスタン後期鉄器時代」と呼ばれる時期に作られたことがわかった。

 美しい品々を作ったのが誰だったのかは、いまだに不明だ。この地域に住んでいたインド・ヨーロッパ系のメデス人や、ロシア南部を起源とし、紀元前8世紀にルリスタンに移住した可能性のある遊牧民キンメリア人などが考えられている。

 一方で、この地域で発見された剣に刻まれた楔形文字は、紀元前16世紀頃にルリスタンに定住し、紀元前12世紀初頭までメソポタミア中南部を支配したカッシート人の存在を示唆している。

豊かなイメージ

動物を支配する<br>紀元前1000~前650年頃、ルリスタンで作られた銅製の透かし彫りのピン。こうした「マスター・オブ・アニマル」作品には、男性も女性も登場する。(AKG/ALBUM)
動物を支配する
紀元前1000~前650年頃、ルリスタンで作られた銅製の透かし彫りのピン。こうした「マスター・オブ・アニマル」作品には、男性も女性も登場する。(AKG/ALBUM)

 ルリスタンからは驚くほど多様な品が出土しているが、そのほとんどは馬具、スタンダード(儀仗の先端に固定されていた装飾品)、そしてピンの3つに大別される。短剣、槍、斧などの武器を含め、他の青銅器も発見されているが、それほど多くはない。

 出土したスタンダードの特徴は、ヤギなどの動物をモチーフにした複雑な図像だ。なかでも最もよく知られて特徴的なのは、いわゆる「マスター・オブ・アニマル」と呼ばれるモチーフだろう。動物の首をつかんだ人物(通常は男性だが、女性もある)をかたどっている。

 動物の種類はさまざまで、大型ネコ科動物や猛禽類から、グリフィンやスフィンクスといった神話に登場する獣まで、多岐にわたる。こうしたモチーフは他の古代文明にも共通している。マスター・オブ・アニマルは、シュメールやメソポタミアの美術にも登場し、自然に対する人間の支配を象徴するものと考えられている。(参考記事:「洪水で4000年の眠りから目覚めたジーロフト文化、イラン」

 壮麗な馬具類は、それらを作った人々が遊牧民だったことを裏付けている。考古学者のパオロ・マッティアエは、次のように書いている。「最も頻繁に発見されるのはハミ(馬の口にくわえさせる馬具)だ。動物をかたどった2枚の頬当てには穴が開いており、そこにハミとなる棒状の部分を差して使う」。図像のレパートリーは、雄牛、ライオン、アイベックス(ヤギの仲間)などだが、グリフィンやスフィンクスという場合もある。

 また、日用品も発見されている。最もよく知られているのはピンで、その用途はいまだに議論の的だ。ある学者は、ピンは奉納品であると考え、また別の学者は、衣服を留めるという実用的な目的のために使われたと考えている。ピンのモチーフは、女神、動物、そしてマスター・オブ・アニマルなど、様々だ。

美しき青銅器 <br>紀元前1000~前800年頃のビーカー。側面にはドラマチックな場面が施され、底面には小さな隆起がある。(LOS ANGELES COUNTY MUSEUM OF ART, AKG/ALBUM)
美しき青銅器
紀元前1000~前800年頃のビーカー。側面にはドラマチックな場面が施され、底面には小さな隆起がある。(LOS ANGELES COUNTY MUSEUM OF ART, AKG/ALBUM)

 最後に紹介するのは、底に小さな隆起のある円筒形の容器、ビーカー。外側には浮き彫りが施され、使用人や音楽家を従えた重要人物が登場する晩餐会などが表現されている。

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー:1920年代に続々発掘、謎に満ちたイランの「ルリスタン青銅器」、写真7点

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

古代史マップ

世界を変えた帝国と文明の興亡

古代エジプト、共和制ローマ、漢などの世界を変えた強国から、カルタゴ、クレタ、オルメカなどの謎が残る文明まで、古代世界の勢力の変遷や時間の流れを視覚的に理解できる!

定価:1,540円(税込)

文=ANTONIO RATTI/訳=桜木敬子