ユネスコ無形文化遺産とは? 守りたい世界の文化すでに600件超

ジャマイカのレゲエ、フィンランドのサウナ、インドネシアの民族音楽も

2022.01.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<span style="font-size:15px;font-weight:bold;">フィンランドのサウナ文化</span><br>フィンランド人にとってサウナは神聖な場所だ。ほとんどの人が自宅や公共の場所でサウナに入り、心身共にリフレッシュしている。(PHOTOGRAPH BY GONZALO AZUMENDI, LAIF / REDUX)
フィンランドのサウナ文化
フィンランド人にとってサウナは神聖な場所だ。ほとんどの人が自宅や公共の場所でサウナに入り、心身共にリフレッシュしている。(PHOTOGRAPH BY GONZALO AZUMENDI, LAIF / REDUX)

 ユネスコ世界遺産は広く知られている。エジプトのピラミッドやペルーのマチュピチュ遺跡、フランスのベルサイユ宮殿など、普遍的な文化価値があると認められた場所だ。

 では、シンガポールの屋台文化やフィンランドのサウナ、ジャマイカのレゲエ音楽などはどうだろうか?

 伝統的な慣習や文化は、実際に存在する場所や建物とちがって、修復すれば保存できるというものではない。だが、この世界に多様性や面白さをもたらし、さらにはおいしい食べ物も作り上げているのは、こういった文化的慣習にほかならない。ユネスコ無形文化遺産は、こうした伝統や文化を登録し、保護していこうという取り組みだ。

ユネスコとは何か?

 ユネスコの正式名称は、国際連合教育科学文化機関(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization:略してUNESCO)。教育や科学、文化の発展と推進を目的とした国連の専門機関で、その活動の一つとして、カンボジアのアンコールワットや、イタリアのピサの斜塔といった世界遺産の登録を担っている。

無形文化遺産の始まり

 2008年、ユネスコは、シチリア島の人形劇やメキシコの「死者の日」など、現在まで続いている文化的伝統を無形文化遺産として指定する取り組みを始めた。これには、世界遺産に選ばれるのにふさわしい古い建造物が少ない場所にある伝統文化を認めるという目的もある。

伝統にも保護が必要

 世界の文化と同じく、無形文化遺産もじつに多様だ。ユネスコのセシール・デュベル氏は、守るべき価値があるものばかりだと話す。「グローバル化が進むほど、伝統のルーツを失わないことが大切になります」。無形文化遺産は観光を促進するためのものではないが、認知度が高まれば、地元からも潜在的な観光客からも注目されることになる。

参考ギャラリー:ユネスコ無形文化遺産になったシンガポールの伝統屋台「ホーカー」 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
参考ギャラリー:ユネスコ無形文化遺産になったシンガポールの伝統屋台「ホーカー」 写真7点(写真クリックでギャラリーページへ)
シンガポールの中華街に近いケオンサイク・ロードのフーンキー・ホーカースタンドでは、鴨の炭火焼きが買える。(Photograph by Mindy Tan)

次ページ:2021年に追加、インドネシアのガムラン

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

感動の体験旅行 もうすぐ世界が待っている!

歴史や文化を感じる旅から大自然を味わう旅まで、世界各地約100カ所の定番観光地を美しい写真で巡る。それぞれの場所での旅の楽しみ方を、「文化に触れる」「身体を動かす」「自分を見直す」そして「地域活動に参加する」の4つのテーマに分けて紹介。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加