ラオスの蛇神ナーガ 目標はユネスコ無形文化遺産登録

ラオスの寺院の屋根や織物に欠かせないナーガは、人々の大切な文化財だ

2022.01.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラオス、ターケークにある寺院の屋根を飾るナーガの頭部。半身が人間、半身が蛇の形をした伝説の神だ。ナーガは水の精霊で、東南アジアのラオスでは、仏教や精霊信仰などの信徒に崇拝されている。ラオスの織物の重要なモチーフでもある。(PHOTOGRAPH BY TOM GRUNDY, ALAMY STOCK PHOTO)
ラオス、ターケークにある寺院の屋根を飾るナーガの頭部。半身が人間、半身が蛇の形をした伝説の神だ。ナーガは水の精霊で、東南アジアのラオスでは、仏教や精霊信仰などの信徒に崇拝されている。ラオスの織物の重要なモチーフでもある。(PHOTOGRAPH BY TOM GRUNDY, ALAMY STOCK PHOTO)

 ラオスには、半身が蛇で半身が人間の形をした水の精霊「ナーガ」が、美しい織り子を花嫁としてメコン川の底に引き寄せるという言い伝えがある。この神をかたどった像や壁画は東南アジアのあちこちで見られるが、特にラオスでは、織物において重要なモチーフとなっている。

 ナーガはラオスの人々の日常生活や織物文化に不可欠な存在だ。2021年、ラオスは、織物におけるナーガのモチーフをユネスコ無形文化遺産登録に申請した。

 過去には、シンガポールの屋台料理「ホーカー」、ポルトガルの民族音楽「ファド」、ウガンダの樹皮でできた生地なども、無形文化遺産に登録されている。(参考記事:「無形文化遺産になったシンガポールの伝統屋台「ホーカー」の歴史」

 無形文化遺産への登録が実現すれば、古くからの伝統が世界に認識されるだけでなく、観光客を呼び寄せる効果も期待できる。伝統的な機織り産業が衰退しつつある現在、無形文化遺産登録によって、ナーガをモチーフとするラオス伝統工芸の将来がもっと明るくなるかもしれない。 (参考記事:「ラオス料理は幸福のおすそ分け」

ナーガのルーツ

 ラオスは、タイ、カンボジア、ベトナム、中国、ミャンマーに囲まれた小さな内陸国だ。この国の人々は、2000年以上にわたって、蛇の精霊をさまざまな形で崇拝してきた。ナーガは、工芸品や建築物、祝祭行事に取り入れられ、ラオスの精霊信仰と仏教信仰の橋渡し役となってきた。(参考記事:「ラオスの巨大洞窟――大きく開いた入口」

「紀元前2000年には、ラオスに移住したモン・クメール語族の人々が、ヘビ、竜、ワニの形をした水の精霊を崇拝していたことがわかっています」と、フランス、パリにある民俗学・比較社会学研究所のナーガ専門家、ステファン・レネソン氏は話す。

 農業、漁業、狩猟採集で生活を営んでいた初期のコミュニティーは、水と深くかかわってきた。それは現代でも変わっていない。14世紀には仏教が普及し、ナーガは仏教の保護者とされた。実際にラオスの若者が出家して修行僧となる場合、ナーガに代わって誓いを立てることから、彼らはナク(ナーガはラオス語で「ナク」)と呼ばれている。

ギャラリー:無形文化遺産目指す、ラオスの寺院の屋根や織物に欠かせないナーガ 写真6点(画像クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:無形文化遺産目指す、ラオスの寺院の屋根や織物に欠かせないナーガ 写真6点(画像クリックでギャラリーページへ)
ラオスのルアンパバーンは、メコン川とナムカン川の合流地点にある町。この町は15匹のナーガに守られているという言い伝えがある。 (PHOTOGRAPH BY TJETJEP RUSTANDI, ALAMY STOCK PHOTO)

次ページ:織物にも描かれるナーガ

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

感動の体験旅行 もうすぐ世界が待っている!

歴史や文化を感じる旅から大自然を味わう旅まで、世界各地約100カ所の定番観光地を美しい写真で巡る。それぞれの場所での旅の楽しみ方を、「文化に触れる」「身体を動かす」「自分を見直す」そして「地域活動に参加する」の4つのテーマに分けて紹介。

定価:1,540円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加