なぜ新年は暗くてますます寒くなる冬に始まるのか、暦の歴史

古代ローマの今の暦の原型では、冬の2カ月間には名前すらなかった

2022.01.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
収穫と密接に結び付いていた初期のローマ暦では、紀元前7世紀まで、冬の2カ月間には名前すらなかった。現在の1月1日が新年の始まりとして定着したのはずっと後のことだ。写真はフランス、ブールジュのサン・テティエンヌ大聖堂にある13世紀のステンドグラス。当時としては典型的な1月の描写で、食事が題材になっている。(PHOTOGRAPH VIA BRIDGEMAN IMAGES)
収穫と密接に結び付いていた初期のローマ暦では、紀元前7世紀まで、冬の2カ月間には名前すらなかった。現在の1月1日が新年の始まりとして定着したのはずっと後のことだ。写真はフランス、ブールジュのサン・テティエンヌ大聖堂にある13世紀のステンドグラス。当時としては典型的な1月の描写で、食事が題材になっている。(PHOTOGRAPH VIA BRIDGEMAN IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 新しい年の始まりは、なぜさまざまな生きものが躍動し始める春ではなく冬なのか。そう思ったことはないだろうか。それもそのはず、今の暦の原型が生まれたとき、新しい年の始まりは現在の1月ではなく春だった。それどころか、冬の2カ月間には名前すらなかったのだ。

 現在の暦の元をつくったのは古代ローマ人だ。その「1月(January)」は、時間、移り変わり、始まりの神である「ヤヌス(Janus)」にちなんで名付けられた。この記事では、天文学者の計算ミス、政治的な意図による微調整、暦の混乱など、1月が乗り越えてきた紆余曲折の歴史を紹介しよう。

最初のローマ暦

 人類は少なくとも1万年前から暦で時を刻んでいたが、その方法は当初からさまざまだった。中石器時代のブリテン島に住んでいた人々は、月の満ち欠けを記録していた。古代エジプト人は太陽に注目した。そして、中国人は両方を組み合わせ、現在も使われている太陰太陽暦を生み出した。(参考記事:「史上最古のカレンダーを発見、イギリス」

 なかでも、世界の大部分で使われている現代の暦が発展したのは共和制ローマの時代だった。古代ローマの建国者で、最初の王であるロムルスが考案したとされていたが、実際はバビロニア人、エトルリア人、古代ギリシャ人によって考案された暦が元になった可能性が高い。

1月(January)の名前の由来は、始まりや移り変わりをつかさどるローマ神話の神ヤヌス(Janus)。ヤヌスは通常、2つの顔をもつ姿で描かれる。写真は紀元前753年から後476年まで続いた古代ローマの硬貨。(PHOTOGRAPH VIA BRIDGEMAN IMAGES)
1月(January)の名前の由来は、始まりや移り変わりをつかさどるローマ神話の神ヤヌス(Janus)。ヤヌスは通常、2つの顔をもつ姿で描かれる。写真は紀元前753年から後476年まで続いた古代ローマの硬貨。(PHOTOGRAPH VIA BRIDGEMAN IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 ローマ人の科学知識や社会構造の変化とともに、暦も変化していった。王政ローマの後、共和制ローマが紀元前509年に誕生してから紀元前27年に終わるまで、ローマ人は公式の暦に何度か微調整を加えた。

 最初の暦は10カ月、304日間しかなく、初期のローマ社会で重視されていた農業と宗教儀式に敬意を表した作りになっていた。1年の始まりはMarch(現在の3月)、ラテン語で「マルティウス(Martius)」だった。名前の由来はローマ神話の戦と農耕の神「マルス(Mars)」だ。そして、温暖なローマでは収穫期にあたる12月まで1年が続いた。

 ローマ人は古代ローマの建国日を暦の起点としていたため、ロムルスが王位に即位したとされる、現代でいう紀元前753年が元年だった。

 最初のローマ暦は30日の月が6つ、31日の月が4つあった。上記の3月から女神「ユノ(Juno)」にちなんだ現在の6月(June)まで、最初の4カ月には神の名前が付けられ、残りの6カ月にはラテン語の数字が割り当てられた。例えば、今の9月(September)は7番目の月にあたるため、ラテン語で7を意味する「セプテム(septem)」に由来する。

 収穫が終わると、暦も終わる。そのため、次の3月が始まるまでの冬の2カ月間には名前がなく、いわば空白の期間だった。

ローマの太陰暦

 しかし、10カ月の暦は長く続かなかった。紀元前7世紀、2代目のローマ王ヌマ・ポンピリウスの時代、暦は月の満ち欠けに基づく太陰暦に改められた。

 月の満ち欠けの周期はおよそ29.5日であるため、その12倍は354日となる。そこで、従来の1年に50日を追加したうえで、冬に2カ月を新設した。ヤヌスにちなむ「ヤヌアリウス(Ianuarius)」と、浄罪の祭典「フェブルア(Februa)」にちなむ「フェブルアリウス(Februarius)」、つまり現代の1月と2月にあたる月だ。

次ページ:うるう年は4年に1度ではない理由

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ローマ帝国

誕生・絶頂・滅亡の地図

1000年にわたり地中海世界に存在し、覇者として君臨したローマ帝国。この魅惑の帝国が歩んだ足跡を、20枚を超える詳細な地図、そして図解、イラスト、写真とともにたどる。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:1,540円(税込)

おすすめ関連書籍

いつかは訪れたい 美しき世界の教会

信仰と技巧と栄華の到達点! 壮麗な大聖堂から素朴な礼拝堂まで、今見るべき世界の教会を紹介。

定価:2,200円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加