160年前の米国最後の奴隷船、歴史登録財に、DNA見つかる可能性も

2019年に発見、船体の多くが残存、3月には新たな発掘調査の予定

2021.12.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奴隷の輸入が違法になって50年以上たった1860年、クロティルダ号の貨物室に110人の奴隷が詰め込まれ、アフリカから米国アラバマ州に運ばれた。船長は船に火を放ち、証拠隠滅を図ったが、木造船体の大部分が残っていた。(JASON TREAT AND KELSEY NOWAKOWSKI, NG STAFF. ART: THOM TENERY)
奴隷の輸入が違法になって50年以上たった1860年、クロティルダ号の貨物室に110人の奴隷が詰め込まれ、アフリカから米国アラバマ州に運ばれた。船長は船に火を放ち、証拠隠滅を図ったが、木造船体の大部分が残っていた。(JASON TREAT AND KELSEY NOWAKOWSKI, NG STAFF. ART: THOM TENERY)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年、米国最後の奴隷船として知られる「クロティルダ」号の残骸が、モービル川の濁った水中でおよそ160年ぶりに確認された。以来、考古学者たちが調査研究を続けてきた結果、2021年11月8日、クロティルダ号が米国の国家歴史登録財に指定された。当初考えられていたよりはるかに多く船体が残っていると判明し、クロティルダ号は米国最後の奴隷船であるだけでなく、最も保存状態の良い奴隷船にもなった。(参考記事:「「米国最後の奴隷船」を発見、110人を密輸」

 調査を請け負うサーチ社の海洋考古学者で、クロティルダ号の研究を率いるジェームズ・デルガド氏は「考古学的な記録に残っている最も完全な奴隷船です」と話す。デルガド氏の推定では、貿易用スクーナー(高速帆船)を奴隷船に改造する際に追加した隔壁などを含め、木造構造物の最大3分の2が残っているという。

「船とその用途だけでなく、フォスターや乗組員が奴隷船に改造するために加えた変更についても、直接的な物的証拠が存在します」とデルガド氏は説明する。「人が収容されていたエリアの大きさまでわかります。これが判明したとき、チーム全員がハッとして感動に包まれました」(参考記事:「沈没船が明らかにする奴隷貿易の変遷」

賭けに始まり、証拠隠滅に終わる

[画像のクリックで拡大表示]

 アラバマ州モービル近郊の歴史ある町アフリカタウンで育ったジョイスリン・デイビス氏は、コミュニティーの起源について聞かされてきた話をずっと信じてきた。奴隷の輸入が法律で禁じられて何十年もたってから、ある裕福な白人実業家が、アフリカからモービルに奴隷を密輸する賭けを行ったという話だ。

 クロティルダ号の船長ウィリアム・フォスターは1860年、110人の奴隷を船に乗せてアフリカから帰国した。デイビス氏の祖先で、アフリカタウンの創設者の一人であるチャーリー・ルイスも含まれていた。

 フォスターは犯罪の証拠をもみ消すため、クロティルダ号を燃やして沈めた。そして、モービル川のどこかに船の残骸があると言われていた。(参考記事:「米国最後の奴隷船、帰らざる旅の記憶」

「船があるから現実味があるわけではありません」とデイビス氏は語る。「自分の祖先が記録に残されていて、本も何冊かある……私にとっては、それで十分でした。しかし、船はさらなる楽しみになりました」

 そして今、新事実が明らかになり、ただでさえ特別なクロティルダ号がさらに希少な存在となった。

船の梁(はり)や板を固定するためのびょう、くぎ、ボルトなど。素材は手作業で鍛造された鉄。19世紀半ばにモービルで建造されたスクーナーによく使われていた。(PHOTOGRAPH BY MARK THIESSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)
船の梁(はり)や板を固定するためのびょう、くぎ、ボルトなど。素材は手作業で鍛造された鉄。19世紀半ばにモービルで建造されたスクーナーによく使われていた。(PHOTOGRAPH BY MARK THIESSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 川の水が濁っていて、沈没船をはっきり見ることができないため、研究チームはソナーで全体像をつかもうとしている。

「ダイバーの視界が数センチしかない川に沈む船の話です」とデルガド氏は言う。「私たちにとって、ソナーは明かりのようなものです」

次ページ:調査結果次第では引き揚げも?

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

2020年2月号

多様になる美しさ/米国最後の奴隷船/分断される大草原/フラミンゴのボブ/カルダモンの森へ

2月号の特集「多様になる美しさ」では、ソーシャルメディアの普及などを背景に、大きく変わりつつある美の定義について取り上げます。そのほか、子孫たちが語り始めた「米国最後の奴隷船」、野生に戻れなくなったフラミンゴと地元の人々との交流を綴った「フラミンゴのボブ」など、特集5本を掲載!

定価:1,131円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加