あれから80年、真珠湾攻撃が変えた米国の世界観

米国との緊張が高まっていた1941年12月7日、日本軍は真珠湾へ奇襲攻撃を仕掛けた。後に米国のルーズベルト大統領は、この日を「恥辱として記憶に刻まれるであろう日」と呼んでいる。この攻撃で、米海軍艦隊の大部分が破壊され、2400人の米国人が死亡した。(PHOTOGRAPH VIA ASSOCIATED PRESS)

【元の記事へ戻る】