世界で最も絶滅に近いオオカミ、復活計画が進行中

米国テネシー州のリフレクション・ライディング植物園&自然センターで、遠吠えをするアメリカアカオオカミの「アポロ」。アポロはおそらく自然に放たれることはないが、2021年に生まれたアポロの子は放獣の候補になるかもしれない。(Photograph by JESSICA A. SUAREZ)

【元の記事へ戻る】