地元の人々が「海」と呼ぶ世界遺産、バイカル湖

「いつか訪れたい旅先25 2022年版」第1回

2022.01.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアのシベリア地方、凍結したバイカル湖から突き出したドラゴンロック。バイカル湖は、世界でもっとも古く、もっとも深い湖だ。(PHOTOGRAPH BY NITHID SANBUNDIT, ALAMY STOCK PHOTO)
ロシアのシベリア地方、凍結したバイカル湖から突き出したドラゴンロック。バイカル湖は、世界でもっとも古く、もっとも深い湖だ。(PHOTOGRAPH BY NITHID SANBUNDIT, ALAMY STOCK PHOTO)

 バイカル湖はあまりに広大で深いため、地元の多くの人々が「海」と呼んでいる。面積は3万平方キロメートルを超え、平均の深さは744メートル。まさに自然の驚異と呼ぶにふさわしい。

 そんな自然の驚異が、深刻な問題に直面している。バイカル湖は1996年にユネスコの世界遺産に登録されたにもかかわらず、現在も汚染が進んでいる。近年は政府の保護が弱まり、大規模な観光開発などの新たな脅威も浮上している。その結果、国際自然保護連合(IUCN)による2020年の「世界遺産展望」(World Heritage Outlook)で「深刻な懸念」という表現が使われるまでになっている。

 バイカル湖の周辺には、ツンドラ、ステップ、寒帯林、手つかずの湖畔など、多様な環境が広がる。観光客も、湖と周辺地域の自然保護に貢献できる。たとえば、湖周辺のハイキングコースを整備している非営利環境団体「グレート・バイカル・トレイル」でのボランティア活動だ。同団体の理事長、エレナ・チュバコワ氏は、「ボランティア活動によるエコツーリズムのインフラ整備は、バイカル湖の自然保護につながります」と話している。

 バイカル湖には、世界唯一の淡水アザラシであるネルパ(バイカルアザラシ)をはじめ、ここでしか見ることができない1200種類の動植物が生息する。ハイキングなら、地球にやさしい形でそのような生物に出会うことができる。

ギャラリー:いつか訪れたい旅先25 2022年版(画像クリックでギャラリーページへ)
ギャラリー:いつか訪れたい旅先25 2022年版(画像クリックでギャラリーページへ)
ボネール島
(PHOTOGRAPH BY PAUL A. SUTHERLAND, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

関連記事:
鈴木亮平インタビュー「世界遺産は僕の癒し」
ロシアの自然保護区100年、厳格さの背景
ギャラリー:壮観!ロシアの多彩な自然遺産と文化遺産 25点

※「いつか訪れたい旅先25 2022年版 もう一度旅に出よう」ほか、旅の記事は「旅・文化の記事一覧」でまとめてご覧いただけます。

文=ビクトリア・メレシュコ(ナショナル ジオグラフィック トラベラーロシア版)/訳=鈴木和博

おすすめ関連書籍

いちばん美しい世界の絶景遺産(ナショナル ジオグラフィック)

世界の美しい場所は、ずっと見ていられる。唯一無二の美しい場所を手元においていつでも眺めよう。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,200円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加